米経済誌フォーブス(Forbes)によると、地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)のファム・ニャット・ブオン会長(男性・51歳)の資産(10月26日時点)が6か月前と比べて+10億USD(約1050億円)増の66億USD(約6900億円)に増加した。世界長者番付では336位、ベトナムでは依然としてトップに立っている。

  ブオン会長の資産が大幅に増加した背景には、VIC株価が同期間に上昇したことがある。資産が10億USD(約1050億円)を超えているベトナム人資産家は、ブオン会長以外に5人となっており、詳細は以下の通り。

 2位:格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)のグエン・ティ・フオン・タオ社長(女性・49歳):22億USD(約2300億円)

 3位:大手民間銀行テクコムバンク[TCB](Techcombank)のホー・フン・アイン会長(男性・50歳):16億USD(約1680億円)

 4位:ベトナム上場企業中最大の鉄鋼企業ホアファットグループ[HPG](Hoa Phat Group)のチャン・ディン・ロン会長(男性・61歳):15億USD(約1580億円)

 4位:自動車組み立て生産大手チュオンハイ自動車(Truong Hai Automobile=THACO)のチャン・バー・ズオン会長(男性・60歳):15億USD(約1580億円)

 6位:畜産飼料、食品・飲料、鉱山採掘、金融事業を手掛けるマサングループ[MSN](Masan Group)のグエン・ダン・クアン会長(男性・57歳):14億USD(約1470億円)

  同期間に資産の変動がなかったチュオンハイ自動車のズオン会長以外の4人はいずれも資産が増加している。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)