コロナ禍の克服を目指し世界が新しい社会のあり方を模索する中、「ESG(環境・社会・企業統治)」や「SDGs(持続可能な開発目標)」が注目されるようになっている。投資の世界でも徐々に「ESG投資」や「インパクト投資(社会的課題の解決に取り組む企業に投資し、経済的なリターンと社会的なリターンの両立を実現する投資)」を謳うファンドに資金が集まり始めている。ESGで世界をリードする欧州で最も運用資産規模が大きなアムンディは、ESG投資でも先端的な取り組みで知られており、今回、アムンディのESGへの取り組みについて、アムンディ・ジャパンのチーフ・レスポンシブル・インベストメント・オフィサー岩永泰典氏(写真:左)にモーニングスター代表取締役社長の朝倉智也(写真:右)が聞いた。

朝倉 コロナをきっかけに、機関投資家のみならず個人投資家にも急速にESGの波が押し寄せてきているように感じます。これから長く成長を遂げていく企業を見極める上で、ESGの取り組みが注目される中、その発祥の地ともされる欧州市場において、先駆けともされるアムンディは、日本においても専門チームを立ち上げ、活動に注力されています。

 ESGへの関心は高まってきていますが、日本の投信市場においては、成熟したとはいえないように感じます。ここ数年で、ESGやSDGsという言葉がファンド名に入った商品も出ていますが、投資家の間では、依然としてESGやSDGsについて、はっきりとは理解されていないように思えます。責任投資のパイオニアともいわれるアムンディのESGやSDGsについての考え方を教えてください。

岩永氏 ESG投資には2つの目的があります。これまで通りの投資でも目指している「経済的なリターンを獲得すること」ということに加え、「社会的価値の実現に貢献すること」という目的です。この2つの目的のバランスのとり方によってアプローチの仕方は異なってきます。一口に「ESG投資」といっても、実際には1つではないのです。ですから、「ESG投資」という言葉を使う人によって、異なることを指している場合が多くあるのです。

 ESG投資は、2つの目的を達成するために、様々な投資手法が生まれています。たとえば、財務的なリターンを求めて投資をするのだけど、社会的に問題があるようなところには投資をしたくないという考えでしたら、そういった銘柄だけを除外する「ネガティブスクリーニング」というESGの投資手法があります。一方で、これからはESGに対して企業としても積極的に取り組んでいくのだから、ESGによる社会的なリターンが経済的なリターンにも結び付くという考えに基づいて、企業分析の1つの要素としてESGを織り込んでいくという考え方もできます。さらに、特定の持続的なテーマに特化したものや、具体的な社会問題を解決するためのESG投資として「サステナビリティ・テーマ投資」「インパクト投資」という手法もあります。

 企業は活動していく上で、資本(お金)だけでなく、ESGのテーマである社会や自然という資本も使っています。この社会や自然の持続性に配慮して日々の企業活動をやっていることが中長期的な投資対象にふさわしいと言う考え方に則った投資が「ESG投資」です。一方で、そのような活動をしている企業が、どのような結果を目指すのか、社会的な課題として17個のゴールを設定し、自らのテクノロジーやビジネスモデルなどを当てはめて付加価値をつけていくことを整理したものが「SDGs」という目標です。

 つまり、「ESG」は、お金を流していく手段ですが、「SDGs」はそのゴールというように考えると分かりやすいと思います。

朝倉 アムンディは2015年に日本法人にESGの専門チームを立ち上げて、2021年には運用する全ファンドを対象に、ESG分析を統合する予定であるということですが、日本で、これほどESGにコミットする運用会社は少ないと思います。アムンディのESG投資の現状は?

岩永氏 アムンディは昨年6月時点で全体のお預かり資産が約1.6兆ユーロ(約190兆円)です。世界で1億人を超えるお客さまがいらっしゃいます。

 ESG投資の歴史は古く、1990年代から取り組みを始め、現状は、190兆円ほどの資産のうち95%は、なんらかの形でESGを絡めた運用をしています。

 私どもは、世界8000社以上の企業に対し、独自のESGレーティングを行っています。それを使って、7段階評価のうち、1番下のランクになる企業は投資先から除外するということを95%の資産で適用しています。さらに、ESGを深掘りし、積極的に社会貢献している企業に投資していこうという投資資産が約3000億ユーロあります。株式運用に加えて、グリーンボンドのような債券を使った運用もあり、マルチアセットといわれるバランス型の運用戦略もあります。

 日本では、個人投資家の皆さま向けに、株式の中でも「テーマ型」と「インパクト投資」の性格を兼ね備えたファンドを立ち上げて提供しています。

朝倉 ESG投資の具体的な商品は、どのような内容になっていますか?

岩永氏 個人の投資家の皆さまが投信を活用される際には、中長期的なリターンをあげていくことも重要ですが、その投資した資金が、どういう形で社会的な課題の解決に貢献していくのかということも関心が高いと思います。

 そこで、中長期の期間で社会的・経済的な変化のトレンドがでてくるような投資機会に注目しています。SDGsを達成するために企業が様々な取り組みを行い、そこに投資家の皆さまが付加価値を認めて最終的には企業の業績にも反映する、それが、投資のリターンにもつながっていくという良い循環になります。

 具体的にはSDGsの17の目標の中から、「教育」の普及に貢献する企業に投資する「みらいエデュケーション」。こちらには、コロナ禍で注目の集まった遠隔教育を推進するエドテック(教育テクノロジー)といった分野も含まれます。そして、次世代の医療テクノロジーを活用して「健康/医療」に貢献する「みらいメディカル」。さらに、「気候変動」問題に積極的に取り組むリーダー企業に投資する「SMBC・アムンディ クライメート・アクション」です。これらの3ファンドは、アムンディ インパクトフル・アクション・シリーズとしては、持続可能(サステナブル)な社会の実現のため、運用の世界から社会にインパクトを与えることを目指しています。

 これまでの「リスク」「リターン」という2つの切り口に加えて、社会的な課題の解決への貢献を示す「インパクト」という3つめの軸を加え、3次元で投資機会を実感していただけるような商品を提供しています。

朝倉 今回の新型コロナウイルス感染症の拡大によって、機関投資家はもとより、個人の方々も社会に貢献したいという方が増えたと思います。そういった点では、投資もリスクとリターンだけではなく、「インパクト」という社会を変えることに貢献したいという機運が高まっているように感じます。これからのアムンディの活動に注目していきたいと思います。

岩永氏 アムンディは責任投資を大事な原則として掲げています。運用会社にも社会的な課題に取り組むうえで果たすべき役割があると考え、今回、ご紹介しました3つのファンドを提供しています。

 SDGsは2030年までの目標です。この目標に近づいていくには、企業だけではなく、その企業に投資する側の資金のサポートも必要だと思います。リスク/リターンに加えてインパクトという3つ目の軸を持つという考え方を通じて、お客さまの中長期的な資産の成長と社会的な課題の解決に貢献するという投資機会を引き続き提供していきたいと考えています。(除法提供:モーニングスター社)