ドル円は小幅に下落。経済対策がまとまるかどうかで懐疑的な見方が根強く、ドル円は104円65銭まで下落。ユーロドルは小幅に上昇。ドル安の流れから、1.1865までユーロ高に。

 株式市場はまちまち。ダウはインテルが10%を超える下落を見せ、下げをけん引。ナスダックとS&P500は小幅に続伸。債券相場は反発。長期金利は0.84%台へと低下。金はほぼ変わらず。原油はやや売られる。

10月マークイット製造業PMI    → 53.3
10月マークイットサービス業PMI  → 56.0
10月マークイットコンポジットPMI → 55.5

ドル/円   104.65 ~ 104.88
ユーロ/ドル 1.1826 ~ 1.1865
ユーロ/円  123.91 ~ 124.21
NYダウ   -28.09 → 28,335.57ドル
GOLD   +0.60  → 1,905.20ドル
WTI    -0.79  → 39.85ドル
米10年国債 -0.013 → 0.843%


【本日の注目イベント】

日  8月景気先行指数(CI)(改定値)
独  独10月ifo景況感指数
米  9月新築住宅販売件数
米  バレット氏の連邦最高裁判事指名承認採決の予定

 米国で新型コロナウイルの感染が急拡大しています。24日までの24時間で新たな感染者数は8万5317人と、2日連続で過去最多を更新しました。死者の数も939人増えています。これまでに、ペンス副大統領の最側近であるマーク・ショート副大統首席補佐官と上級顧問のマーティー・オブスト氏のコロナ陽性が判明しており、ホワイトハウス内で再び感染が広がる兆しが見られます。(ブルームバーグ)ただ、こうした状況の中でもメドウズ大統領首席補佐官は、米国が新型コロナのパンデミックを「制御」するつもりはないと言明しています。一方でゴットリーブ前食品医薬品局(FDA)長官は25日のCBSの番組で、米国ではコロナによる入院が急激に増加し始めており、「危険な転換点」に達していると指摘しています。米国の感染者の増加率は1%と、7日平均の0.8%を上回っています。

 もっとも、新型コロナの感染拡大は米国だけではなく、欧州など、世界中で拡大傾向にあります。スペイン政府は午後11時から午前6時までの全国的な外出禁止令を発令し、イタリアでは新たな感染者が2万1273人と過去最多になりました。またフランスでも25日の感染者数が5万2010人と、4日連続で過去最多を更新しています。ジョーンズホプキンス大学の集計によると、1日の感染者が世界で初めて50万人を超えており、これまでの世界のコロナ感染者数は4290万人を超え、死者数は110万人を上回っています。北半球ではこれから冬に向かい、気温が下がり乾燥した状況が続く上、「寒いと人が屋内に集まりがちで、飛沫感染が起こりやすくなる」ことも、感染増加の一因と見られています。

 先週22日、米大統領選を巡る最後の討論会が行われました。トランプ氏はバイデン氏の息子ハンター氏とウクライナ、中国とのビジネス関係を巡る疑惑を追及し、バイデン氏は、トランプ氏の新型コロナウイスへの対応を巡り激しい応酬となりました。討論会後の調査ではバイデン氏への支持率が50.7%、トランプ氏が42.8%(リアル・クリア・ポリティクス調査)と、やや支持率の差が縮小していました。米大統領選まで1週間余りです。バイデン氏有利の情勢は変わらず、このままいけば「バイデン大統領誕生」の可能性が高いと思われますが、その場合の市場への影響については様々な見方が錯綜しています。 今週の「エコノミスト」誌は、バイデン氏勝利で日米株価急落との見方を紹介した記事を特集しているようです。実際には蓋を開けてみないとわからない部分が多いわけですが、郵便投票の数が多いことから、結果が判明するのが大幅に遅れることも予想されます。その間市場が、開票状況の進捗をにらみながら乱高下することもありそうです。いずれにして、米国のこれ以上の「分断」にストップがかかるのか、あるいは「自国第一主義」、「保護貿易」の波がさらに4年間続くのか、米国民はこれまでになく重要な選択を迫られていると思います。

 ドル円は105円台がやや重くなり、ユーロドルは再び1.18台で推移しているように、ややドル安の流れが優勢の状況が続いています。

 本日のドル円は104円30銭~105円20銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)