ドル円は反発。米長期金利が上昇し、経済指標も概ね良好だったことで104円92銭までドルが買われた。ユーロドルは小幅に反落。ドルの買い戻しが優勢となり、1.1812近辺までユーロは下落。株式市場は反発。追加経済対策を巡りペロシ議長が合意は「すぐそこだ」と発言したことが支えとなり、ダウは152ドル高。債券相場は6日続落。10年債利回りは0.86%台まで上昇し、今年3月以来、7カ月ぶりの高水準に。ドルが反発したこと・・・・

続きを読む