ドル円は約1カ月ぶりに104円台に突入。104円35銭まで売られた。長期金利が上昇したものの、ポンドやユーロでドルが売られたことで大幅な円高が進行。英国とEUの通商交渉を巡る協議が再開するとの期待からユーロドルは続伸し、1.1880まで上昇。株式市場は反落。追加の経済対策を巡る動きに翻弄された格好となり、朝方に大きく買われたダウは97ドル安で引ける。債券相場は続落。長期金利は6月10日以来となる0.82%台・・・・

続きを読む