スマートフォンのアプリ「健康コード」で行動や決済の履歴が管理され、そのころによってコロナへの感染リスクが「赤(2週間の隔離)」「黄(1週間の自宅待機)」「緑(異常なし)」の3段階で日常的に表示される。中国が導入した「4早(早期発見、早期報告、早期隔離、早期治療)」のコロナ対策の実現に大きく貢献しているのが、この「健康コード」だという。大和総研の経済調査部 主席研究員の齋藤尚登氏は10月20日、「中国:景気加・・・・

続きを読む