ドル円は105円台半ばで引き続き小動き。株価が大きく下げたものの、長期金利が上昇したことでドル円の水準は前日と変わらず。ユーロドルではややドル安が進行。EUと英国の通商交渉は依然として合意されないものの、協議が継続されるとの期待がユーロを支えた。ユーロドルは1.18に迫る水準まで上昇。株式市場は大幅に下落。追加の経済対策を巡り与野党間の意見の相違が大きく、合意への期待感が後退。ダウは取引終盤に下げ幅を拡大し410ドル安。ナスダックは5日続落。債券相場も続落し、長期金利は0.76%台後半まで上昇。金は続伸し、原油は下げる。

10月NAHB住宅市場指数  →  85

ドル/円  105.30 ~ 105.49
ユーロ/ドル 1.1765 ~ 1.1794
ユーロ/円  124.03 ~ 124.34
NYダウ  -410.89 → 28,195.42ドル
GOLD  +5.30 →  1,911.70ドル
WTI  -0.05  → 40.83ドル 
米10年国債  +0.023 → 0.769%

【本日の注目イベント】


豪   RBA、金融政策会合議事要旨公表
独   独9月生産者物価指数
欧   ユーロ圏8月経常収支
米   9月住宅着工件数
米   クオールズ・FRB副議長講演
米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演
米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
米   企業決算 → ネットフリックス、P&G、ロッキード

 追加の経済対策を巡り、協議の期限を20日に設定したペロシ下院議長は19日もムニューシン財務長官と電話協議を行いましたが、合意の範囲を巡って意見は対立したままです。NY株式市場では合意への期待感が後退し、ダウは大幅に値を下げて取り引きを終えました。為替市場では、ドル円はややドルが底堅い展開でしたが、「BREXIT」で揺れる欧州ではユーロ高ドル安に振れています。

 ペロシ氏の報道官によれば、両氏の話合いは53分間に及んだようですが、全米ベースのコロナ検査プログラムや州政府支援の規模などで見解がまとまらず、「下院議長は選挙前に法案を通過させることができるかどうか、20日の終わりまでに明確にすることを依然として期待している。両氏は明日再び協議し、スタッフの作業は24時間体制で続けられる」と説明しています。(ブルームバーグ)

 同じように欧州では、EUと英国の通商協議を巡る協議も難航しています。EUは通商協定の法的文書作成を初めて提案しましたが、英国はこれを取り合わず、EUとの通商協議について、再開する根拠が依然ないとしています。英政府の報道官は「建設的な協議だったが、EUのアプローチに根本的な変化がない限り、英国は交渉を再開する根拠はないと引き続き考えている」と述べています。16日には、「通商合意なしの離脱に備えて準備を加速する」と明言したジョンソン英首相の行動も気になるところですが、こちらの方も「時間との闘い」と言えます。

 新型コロナウイルス感染者数がついに世界で4000万人を超えました。3000万人を超えてから約1カ月で1000万人増えたことになります。ここにきて、欧米での感染拡大が目立っており、米国ではウィスコンシン州など、大統領選の激戦州で感染が拡大しており、再選を目指すトランプ氏にとっては厳しい状況になっていると伝えられています。そのトランプ氏は支持率の奪回に向け精力的に遊説を行っていますが、相変わらず舌の滑りは好調で、国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長を「愚か者」と呼び、「われわれがファウチ氏に耳を傾けていたら、米国での死者は70万―80万人になっていただろう」と、具体的な根拠を示さずに非難していました。(ブルームバーグ)先週、トランプ氏がファウチ氏の言葉を引用し、ファウチ氏がトランプ氏を支持しているかのような誤解を与えたことを同氏が批判したことに対する当て付けかと思われます。欧州ではロンドン、パリ、ウイーンなどで夜間の行動が制限されており、アイルランドでは欧州で最も厳しいロックダウンに踏み切っています。これから冬に向かう北半球では、コロナが感染を拡大させやすい環境になります。世界景気にとって「不確実性」がさらに増すことになり、再び「経済活動の維持」と「コロナの封じ込め」という、相反する政策のバランスをコントロールすることが難しくなります。

本日のドル円は105円10銭~105円70銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)