綿半ホールディングス <3199> は、前日12日に72円安の1488円と急続落して引け、今年10月7日につけた株式分割権利落ち後の安値値1511円を下回った。朝高で始まったあと、日経平均株価が下げ幅をやや拡大させるとともに、同社が、前週末9日に発表した今年9月度の月次売上高(全店)が、12.5%減と反落したことを改めて悪材料視し、利益確定売りが優勢となった。ただ9月度は、前年同月が消費税増税の・・・・

続きを読む