地場アプリケーション開発のビサービス(viService)は8日、配車アプリ「viApp」をローンチした。同アプリはベトナム人エンジニアによって開発され、商工省の認可を受けてベトナム全国で展開する。サービス内容は、4輪車と2輪車の配車サービス。

 「viApp」はGoogle PlayおよびApp Storeからダウンロード可能。他のアプリ同様に、サービス前の料金確定や運行ルートによる事前料金決定が出来るほか、交通運輸省が定めるメーターで料金を算出することも可能。

 メーターを利用する場合は、従来のタクシーのように顧客を乗せてからメーターを動かし、目的地までの実際の移動距離で料金が決まる。また、事前に具体的な目的地が決まっていない場合でも利用可能で、乗車しながらドライバーに行き先を指示できる。

 「viApp」は、高齢者や視覚障害がある人に便利なワンタッチ予約機能を備えており、簡単な操作で予約が可能。契約ドライバーに直接予約したい場合は、QRコードをスキャンすれば運行ルートに関する情報をドライバーに送ることが出来る。なお、メーターを利用する場合は現金支払いのみの対応となる。

 この他、「viApp」ではviServiceが独自に作成した詳細なマップを利用しており、より正確な運行ルートの策定を実現。これにより、乗車・降車でも細かい場所の指定が可能となっている。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)