(決算速報)
 イワキ <8095> は10月9日の取引時間終了後に20年11月期第3四半期累計連結業績を発表した。新型コロナウイルスも影響して営業・経常減益だった。通期予想は一過性費用も影響して営業・経常利益を下方修正、負ののれん発生益で純利益を上方修正した。21年10月期の収益拡大を期待したい。株価は戻り高値圏だ。目先的には営業・経常利益下方修正を嫌気する可能性もあるが、下値は限定的だろう。
 
■20年11月期3Q累計は営業・経常減益、通期営業・経常利益を下方修正
 
 10月9日発表の20年11月期第3四半期累計連結業績は、売上高が前年同期比2.5%増の475億64百万円、営業利益が13.9%減の14億64百万円、経常利益が18.6%減の14億79百万円、純利益が37.0%増の15億70百万円だった。
 
 医薬事業が牽引して増収だが、新型コロナウイルスの影響でファインケミカル事業の電子・機能材料、HBC・食品事業のインバウンド関連が低調に推移し、営業・経常減益だった。純利益は負ののれん発生益(6億20百万円)を計上して大幅増益だった。フ
 
 通期の連結業績予想については、売上高を据え置き、営業利益と経常利益を下方修正、純利益を上方修正し、売上高が19年11月期比3.8%増の640億円、営業利益が15.2%減の18億円、経常利益が20.2%減の18億50百万円、純利益が17.4%増の18億円とした。配当予想は据え置いて1円増配の14円(第2四半期末7円、期末7円)としている。
 
 売上高は新規連結2社も寄与して期初計画を確保するが、営業利益と経常利益は新型コロナウイルスの影響に加えて、新規連結2社取得に係る一過性費用、のれん償却費の計上などで減益予想とした。純利益は負ののれん発生益が寄与する。
 
 20年10月期は営業・経常減益予想となったが、21年10月期の収益拡大を期待したい。
 
■株価は戻り高値圏
 
 株価は水準を切り上げて戻り高値圏だ。目先的には営業・経常利益予想の下方修正を嫌気する動きが優勢になる可能性もあるが、下値は限定的だろう。10月9日の終値は521円、時価総額は約181億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)