ドル円は106円を挟み小動き。値幅も10銭程度と、ほぼ固定相場の様相。ユーロドルも前日の水準近辺でもみ合う。1.1733まで下落する場面もあったが、取引は低調。株式市場は続伸。ダウは122ドル上昇し、S&P500は5週間ぶりの高値圏に。債券相場は横ばい。長期金利も0.79%近辺で動かず。金は3日ぶりに反発し、原油はハリケーン「デルタ」の接近で買われ41ドル台に。


新規失業保険申請件数  → 84万件 

ドル/円  105.94 ~ 106.04

ユーロ/ドル 1.1733 ~ 1.1768

ユーロ/円  124.36 ~ 124.72

NYダウ  +122.05 → 28,425.51ドル

GOLD  +4.30 →  1,895.10ドル

WTI +1.24 →  41.19ドル
 
米10年国債  -0.002 → 0.785%


本日の注目イベント

英 8月鉱工業生産
英 8月貿易収支
欧 ノーベル平和賞受賞者発表
加 9月就業者数
加 9月失業率

 ユタ州ソルトレークシティーで7日、副大統領候補の共和党ペンス氏と民主党ハリス氏がテレビ討論会を行いました。冒頭から新型コロナ対策を巡る攻防が行われ、ハリス氏は、「米国民は歴代政権で最大の失敗を目撃してきた」と攻撃を開始し、「現政権は再選される権利を喪失している」と続けました。これに対してペンス氏は、「大統領は最初から国民の健康を第一に考えてきた」と反論するなど、コロナ対策の巧拙を巡っては、どちらかが勝利したとは言えず、一進一退の議論に終わっています。その他にも、増税計画や環境問題、さらには連邦最高裁判所判事任命の問題まで議論されましたが、思ったほど盛り上がりに欠けた印象です。討論会後にCNNが行った調査では、59%対39%でハリス氏が勝利したとの見方が多数でした。(ブルームバーグ)

 大統領候補討論会委員会は、今月15日予定されているトランプ氏とバイデン氏による第2回目の討論会をリモート形式で行うことを発表しましたが、トランプ氏はこの討論会への参加を拒否しました。第1回目の大統領候補と副大統領候補の討論会を終えた各メディアの予想では、バイデン大統領実現の可能性が高まったと報じており、バイデン氏のリードはこれまでで最も広がっています。株式市場でもバイデン氏当選を徐々に織り込む動き見せ、環境面での投資を優先するとしていることから、バイデン氏が当選したら工業セクターでは、空調、建機、自動化の銘柄に妙味があると見られているようです。

 混迷が続いている 米追加の経済対策案を巡って、ペロシ下院議長は航空支援法案のみの通過には合意できず、あくまでも包括的な支援策での合意を目指すとのコメントを発表しましたが、これによりドルはやや軟調な動きとなり、株価も下押しする局面がありました。ただ今朝のブルームバーグは、ペロシ氏の報道官ハミル氏によると、ムニューシン財務長官はペロシ氏との40分間の電話会議で、トランプ大統領が包括的な刺激策での合意を望んでいることを伝えたとしています。ペロシ下院議長が、細切れの法案を拒否する姿勢を鮮明にしたのを受け、ホワイトハウスが姿勢を転換したのではないかと伝えています。トランプ氏も、大統領選での不利な状況が続いていることから、これ以上有権者の支持を失いたくないといった考えもあり、包括的な合意には前向きになってきたのではないかとも見られます。「協議は大統領選後に行う」と述べていたトランプ氏が、協議再開を指示する可能性も出てきたと思います。

 NY株式市場では株価の動きが堅調で、ややリスクオンの流れが優勢な状況になっています。そのため、ドル円では円が弱い動きを見せ、米国債も売られ気味で、長期金利は最近の中では高水準で推移しています。金価格が徐々に上値を重くしているのも、その流れの一環かもしれません。本日は特段材料もなく、何かサプライズでもない限り、活発な動きはないと見ています。ドル円は105円80銭~106円40銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)