(決算速報)
 マルマエ <6264> は10月8日の取引時間終了後に20年8月期業績を発表した。受注が回復して増収・大幅増益だった。21年8月期は増収だが、労務費や減価償却費の増加で減益予想としている。ただし保守的だろう。受注が回復基調であり、上振れを期待したい。株価は出直りの動きを強めている。目先的には減益予想を嫌気する動きが優勢になりそうだが、調整が入ったとしても一時的だろう。21年8月期連続増配予想も評価材料だ。
 
■20年8月期増収・大幅増益、21年8月期減益予想だが保守的
 
 20年8月期業績(非連結)は、売上高が19年8月期比9.2%増の43億88百万円、営業利益が80.8%増の8億96百万円、経常利益が74.8%増の8億34百万円、純利益が58.2%増の6億90百万円だった。配当は2円増配の17円(第2四半期末5円、期末12円)とした。
 
 受注が回復(17.8%増の43億46百万円)して増収、材料費の減少も寄与して大幅増益だった。半導体分野は0.7%増収、FPD分野が62.7%増収、その他は69.4%減収だった。FPD分野はEBW(電子ビーム溶接)関連の好調が牽引した。
 
 21年8月期の業績(非連結)予想は、売上高が20年8月期比7.1%増の47億円、営業利益が13.0%減の7億80百万円、経常利益が8.6%減の7億62百万円、純利益が22.1%減の5億38百万円、配当予想は3円増配の20円(第2四半期末10円、期末10円)としている。
 
 生産能力拡大も寄与して増収だが、労務費や減価償却費の増加で減益予想としている。ただし保守的だろう。シェア拡大も寄与して受注が回復基調であり、上振れを期待したい。
 
■株価は出直りの動き
 
 株価は9月の直近安値圏から切り返して出直りの動きを強めている。目先的には減益予想を嫌気する動きが優勢になりそうだが、調整が入ったとしても一時的だろう。21年8月期連続増配予想も評価材料だ。10月8日の終値は1041円、時価総額は約136億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)