ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で3月23日から運休しているベトナム~日本路線について、2020年冬季運航スケジュールプランの一部(10月25日~12月31日)を発表した。

  10月25日から12月31日までの運航路線はハノイ発成田行きのみで、◇成田発ハノイ行き(片道)、◇羽田~ハノイ線(往復)、◇成田~ホーチミン/ダナン線(往復)、◇関西~ハノイ/ホーチミン/ダナン線(往復)、◇名古屋/福岡~ハノイ/ホーチミン線(往復)は引き続き運休となる。

  ただし、政府の方針や需要動向により必要性が生じた場合は、柔軟に運航プランを調整する。

  同期間中のハノイ発成田行き便(VN310便)は、水曜日と土曜日の週2便の運航。ハノイ市ノイバイ国際空港を午前0時20分に出発し、成田国際空港に午前7時00分に到着する予定。予定運航機材はボーイングB789型機。

  なお、ベトナム航空は、9月に引き続き10月2日から23日にかけてハノイ発成田行きの定期便7便を曜日限定で運航する。これに先立ち、同社は9月19日にハノイ発成田行きのスポット運航を再開。9月は19日の1便に加え、25日に1便、30日に2便の計4便を運航した。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)