トランプ大統領がコロナに感染したとの報道で東京時間に104円台後半まで売られたドル円はNYではやや反発。105円39銭まで反発し、高値圏で引ける。ユーロドルはやや水準を切り下げ1.17前後まで下落。

 株式市場はトランプ大統領がコロナに感染したことで下落。朝方は430ドルを超える下げを見せたが、その後落ち着きを取り戻す。ダウは134ドル下げ、ナスダックは251ポイント下げて取引を終える。債券は反落。長期金利は約1カ月ぶりに0.7%台に上昇。金は反落し、原油は大幅安。

9月失業率                → 7.9%
9月非農業部門雇用者数          → 66.1万人
9月平均時給(前月比)          → 0.1%
9月平均時給(前年比)          → 4.7%
9月労働参加率              → 61.4
9月製造業受注              → 0.7%
9月ミシガン大学消費者マインド(速報値) → 80.4

ドル/円   105.12 ~ 105.39
ユーロ/ドル 1.1699 ~ 1.1734
ユーロ/円  123.10 ~ 123.55
NYダウ   -134.09 → 27,682.81ドル
GOLD   -8.70   → 1,907.60ドル
WTI    -1.67   → 37.05ドル
米10年国債 +0.023  → 0.701%

【本日の注目イベント】
欧  ユーロ圏9月サービス業PMI(改定値)
欧  ユーロ圏9月総合PMI(改定値)
欧  ユーロ圏8月小売売上高
欧  ノーベル医学生理学賞受賞者発表
米  9月ISM非製造業景況指数
米  9月マークイッサービス業PMI(改定値)
米  9月マークイットコンポジットPMI(改定値)
米  エバンス・シカゴ連銀総裁講演
米  ボスティック・アトランタ連銀総裁講演

 先週末金曜日の午後2時、「トランプ大統領が新型コロナ陽性!!」との突然のニュースに、105円50銭台で推移していたドル円は急激に値を崩し、105円を割り込み、104円95銭前後までドル安が進みました。日経平均株価の方も、プラス圏からマイナス200円を超える下げに転じました。この日は夜、雇用統計の発表があり、市場はのんびりした雰囲気でしたが、思いもかけない「トランプショック」に市場はやや動揺したようです。特に株式市場では前日、東証のシステムトラブルが発生し、終日取引停止になっており、この日は2020年度下期の初日ということもあり個人投資家を中心に動揺が広がったようです。

 トランプ大統領のコロナ感染を受けたNYでは、株式市場が朝方から大きく下げて取引が始まったものの、その後下げ幅を縮小して取引を終えましたが、ナスダックの下げ幅はやや大きかったようです。トランプ大統領のその後の容態は改善の方向に向っているようで、執務を行っている映像も流されましたが、2日には酸素吸入を行ったとの報道もあり、厳しい状況だったようです。「高齢」と「肥満」のトランプ氏はやはりリスクが高く、「ここ数日が正念場」と見られていますが4日には担当医の一人が、「早ければ5日に退院する可能性がある」と語っています。

 「トランプ氏は、コロナにかかるべくして、かかった」というのが、個人的な印象です。そもそも、トランプ氏は日頃からマスクをほとんど付けてはおらず、第1回大統領候補テレビ討論会では、テーマがコロナ感染に及んだ際、司会者に「貴方はマスクの効果を評価していませんでしたが、そうですね?」と質問されると、おもむろに上着のポケットから黒いマスクを取り出し、それを掲げて「マスクが必要なら、今でもつけることができる」と、質問には全く答えていないシーンがありました。また連邦最高裁判所の判事に、エイミー・バレット氏を指名し、そのお披露目をホワイトハウスの庭で行ったイベントでは、トランプ氏やバレット氏だけではなく、参加者のほとんどがマスクを着けてはいませんでした。2列目に着席していた人物の何人かはマスクを着用していましたが、メラニア夫人、ペンス副大統領など、最前列に座っている人は誰もマスクを着けてはいませんでした。メラニア夫人は感染しましたが、ペンス副大統領は、よく感染しなかったものと感心しています。因みに、このイベントではトランプ氏を含めて9人の感染が確認されており、参加者の1人である、前ニュージャージー州知事のクリスティー氏も感染し、入院しています。

 9月の雇用統計では非農業部門雇用者は市場予想を下回っていましたが、失業率は「7.9%」と、5カ月連続の改善でした。市場はこの結果を「ニュートラル」と受け止め、大きな動きにはつながっていません。ドル円は平静を取り戻した感がありますが、今後もトランプ氏の容態がどのように変化するのかがポイントになります。5日にも退院するようなら、株式市場は好感し、株高・ドル高に振れる可能性が高いと思われます。また、紛糾している追加の景気対策についても、トランプ氏自身が取りまとめを急ぐよう指示していることもあり、合意が近い可能性もあります。ペロシ下院議長も、ホワイトハウスとの交渉を楽観視しており、「こうしたことが多少力学を変える」と語っています。(ブルームバーグ)「禍転じて福と為す」といったところでしょうか。

 本日のドル円は105円10銭~106円程度でしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)