ドル円は引き続き105円台半ばでもみ合い。追加の経済対策への合意期待が盛り上がったものの不発。第1回大統領候補テレビ討論会での議論も期待はずれに終わった。ユーロドルは1.1752前後まで買われたが、ポジション調整の域を出ず小幅に反落。株式市場は大幅に反発。追加の経済対策合意への期待からダウは500ドルを超える上昇を見せたが、結局合意に至らず上げ幅を縮小。ダウは329ドル高、ナスダックは82ポイントの上昇で取り引きを終える。債券は反落。長期金利は0.68%台まで上昇。金は3日ぶりに反落。原油は反発。

9月ADP雇用者数          →  74.9万人
4-6月GDP(確定値)        →  -31.4%
9月シカゴ購買部協会景気指数     →  62.4
8月中古住宅販売成約件数       →  8.8%

ドル/円  105.41 ~ 105.74
ユーロ/ドル 1.1685 ~ 1.1752
ユーロ/円  123.47 ~ 123.93
NYダウ  +329.04 → 27,781.70ドル
GOLD  -7.70 →  1,895.50ドル
WTI +0.93 →  40.22ドル 
米10年国債  +0.034 → 0.684%

【本日の注目イベント】

日   7-9月期日銀短観
独   独9月製造業PMI(改定値)
欧   ユーロ圏8月生産者物価指数
欧   ユーロ圏8月失業率
欧   ユーロ圏9月製造業PMI(改定値)
欧   EU臨時首脳会議(2日まで、ブリュッセル)
米   9月自動車販売 
米   新規失業保険申請件数
米   8月個人所得
米   8月個人支出
米   8月PCEコアデフレータ
米   9月ISM製造業景況指数
米   8月建設支出
米   ウィリアムズ・NY連銀総裁講演
米   ボウマン・FRB理事講演 

 「貴方の対応が悪かったから20万人もの人が亡くなった」、「いや、あなたが大統領だったら何百万人もの人が亡くなっただろう」・・・・。注目された第1回大統領候補テレビ討論会は史上最悪の討論会だったと、多くの識者は論じています。筆者も全てを観たわけではありませんが、建設的な政策議論もなく、お互いに相手を罵倒する言葉の応酬でした。トランプ氏はバイデン氏の発言中に何度も言葉を発し続け、司会者から黙るよう注意される場面もありました。90分余りにわたる討論も結局は、「勝者はいなかった。敗者は米国だ」といった言葉が印象的でした。今回の討論会で共和党トランプ大統領と民主党バイデン前副大統領による非難の応酬で混乱したのを受け、米大統領候補討論会委員会は(CPD)は30日、2回目以降の討論会では形式を変える意向であることを明らかにしました。第2回の討論会は10月15日に行われる予定で、その前7日には副大統領候補による討論会も予定されています。両陣営とも、次回の討論会からは相手の弱い所を攻撃することを止め、具体的な政策論争に軸足を移してくることを期待したいと思います。

 今回の討論会は結果的には勝者はいないと言われていますが、有権者への印象はややバイデン氏が有利だったようです。昨日の東京時間昼には、討論会を終えバイデン氏勝利の確率がやや高まったことが報じられると、ドル円はやや円高に振れ、日経平均株価は下げ足を急速に早め、この日の安値圏で取り引きを終えています。バイデン氏が勝利すれば、法人税増税や富裕層への増税が確実と言われ、「反ウォール街」と見られていることに反応した結果かと思います。しかし、昨日のNY市場ではその影響は全くなく、株価は大幅に上昇しています。『バイデン勝利=ドル安・株安』といった公式が本当に当てはまるのか、いましばらく見極める必要がありそうです。

 ムニューシン財務長官は30日ペロシ下院議長と約1時間半協議した後、まだ合意に至っていないと述べました。ムニューシン財務長官は「自分とペロシ議長の交渉は、この数日間で大きく前進した」としながらも、「まだ合意には至っておらず、さらに取り組むべき仕事がある。どうなるか、やがてわかるだろう」と語っています。(ブルームバーグ)またマコネル共和党院内総務も、新たな経済対策を望んでいるものの、共和、民主両党の立場にはまだなお隔たりがあると述べ、合意が近いことには否定的でした。

 米大統領選まであと1カ月です。まだドル円は大きな反応を見せてはいませんが、今後急速にボラティリティが上昇することが予想され、ドル円も値幅を伴って上下する可能性があります。特にシステム売買やAIといった、人の手を介さない取引が多くを占める昨今の市場では、ヘッドラインだけで瞬時に反応し売り買いを実行します。そのためレートも飛びやすく、値幅も増幅されやすいと言えます。いよいよ10月です。これまでよりも慎重な見極めが必要になってきます。

本日のドル円は105円10銭~105円80銭程度でしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)