ドル円は前日と同じような動きに。105円台半ばを中心に値幅も30銭程度に収まり、米大統領選候補者によるテレビ討論会や、雇用統計など、ビッグイベントを控え様子見の姿勢が強まる。ユーロドルも1.16台半ばから後半で推移し、ややユーロの買い戻しが優勢に。株式市場は3指数とも揃って上昇。追加の経済対策の合意期待が強まり、3日続伸。債券相場は引き続き小動き。長期金利は0.65%台とほぼ変わらず。金と原油は反発。

ドル/円  105.38 ~ 105.67
ユーロ/ドル 1.1643 ~ 1.1680
ユーロ/円  122.95 ~ 123.21
NYダウ  +410.10 → 27,584.06ドル
GOLD  +16.00 →  1,882.30ドル
WTI +0.35 →  40.60ドル 
米10年国債  -0.002 → 0.653%


【本日の注目イベント】

日     9月東京都区部消費者物価指数
欧     ユーロ圏9月景況感指数
欧     ユーロ圏9月消費者信頼感指数(確定値)
英     英8月消費者信用残高
独     独9月消費者物価指数(速報値)
米     7月ケース・シラ-住宅価格指数
米     9月消費者信頼感指数
米     米大統領候補第1回テレビ討論会(オハイオ州クリーブランド)
米     ウィリアムズ・NY連銀総裁講演
米     ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演
米     ウィリアムズ・NY連銀総裁、バーチャルイベントに参加
米     クオールズ・FRB副議長講演

 ドル円は概ね105円台半ばで推移しておりほとんど動きがありませんが、NY株式市場は3指数が揃って大幅に続伸しました。ダウは一時500ドルを超える上昇を見せ、引けでは410ドル高。ナスダックも203ポイント上昇し、1万1000ポイントの大台を回復しています。規模の違いで合意が遅れている米国の追加経済対策で、やや明るい兆しが見えて来たことが株価を押し上げています。

 ペロシ下院議長は28日、大統領選前に追加経済対策で合意するためには、ホワイトハウスが大幅な規模拡大に同意する必要があるとの見解を示し、ムニューシン財務長官と27日に協議を行い、28日にも再び経済対策について話し合う予定です。経済対策の規模では1兆ドル(約106兆円)の隔たりがありますが、これを埋めるのはなお可能だとの認識を示しました。ペロシ議長は、「われわれはこの問題を片付けられる。ムニューシン財務長官が交渉のテーブルに戻る用意が調えば、われわれはこれを話し合うことができる」とし、「ただし、問題を片付けるためには長官がずっと大きな規模の案を打ち返してくる必要がある」と語っています。(ブルームバーグ)

 ラガルドECB総裁は欧州議会経済金融問題委員会にビデオを通じて出席し、ユーロ圏のインフレ率について、今後数カ月はマイナスが続くと見込まれ、ユーロ高がその一つだとの見方を示し、「政策委員会は中期的なインフレ見通しに対する影響という観点から、為替の動向を含めて今後入って来る全ての情報を注意深く吟味する」と述べました。間接的ではあるがユーロ高をけん制した格好になっています。また、新型コロナウイルスのパンデミックによる景気への悪影響については、「ECB政策委員会はあらゆる手段を適宜調整する用意がある」とし、現在行っているパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)は一時的で対象を絞った措置であり、低金利が長期化すれば副作用をもたらし得るとの認識も示しました。

 本日は第1回大統領候補テレビ討論会が行われます。トランプ氏とバイデン氏の支持率は僅差だという見方もあり、ソースによってはトランプ氏が逆転した州もあるという報道もあります。ただ、直近の調査ではやはりバイデン氏がリードしている(参照:ウィークリーレポート)ようですが、今度はNYタイムズが、トランプ氏が2016年の当選前の15年間のうち、10年分の所得税を納めていなかったことを報じています。トランプ氏は「フェイクニュースだ」と反論していますが、今回の討論会では「納税も行っていない人物は、大統領にはふさわしくない」といったように、バイデン氏の攻撃材料にされる可能性もあります。討論会は29日米国時間夜に行われ、日本では明日の朝になります。

本日のドル円は105円20銭~105円90銭程度と予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)