コワーキングスペース大手のトーオン(Toong=ハチの巣)は近く、ホーチミン市で4か所、カンボジアの首都プノンペンで1か所の計5か所の新拠点を開業する。

  プノンペンの拠点は、モニボン(Monivong)大通りにある複合施設内に入居し、延床面積は約1000m2。物件オーナーとの交渉など開業に向けた準備が既に完了しており、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が収束すれば、すぐに・・・・

続きを読む