多くの商業銀行が9月中旬に預金金利をさらに引き下げた。引き下げ幅は▲0.2~0.3%ptだった。一部の民間銀行が提示する期間1か月の預金金利は年2.5%の水準まで低下し、国営銀行の金利を下回っている。

  商銀が預金金利引き下げに動いているのには、新型コロナの影響を受けて資金借入の需要が低迷していることや、商業銀行が資金余剰の状態が続いていることが背景にある。

 ・・・・

続きを読む