ドル円は105円50銭まで買われる。株価の大幅安から、ユーロなど主要通貨に対してドルが買われ、ドル円もつれ高に。ユーロドルは続落し、約2カ月ぶりとなる1.1652までユーロ安が進行。株式市場は再び大幅安に。ダウは525ドル下げ、ナスダックは3%を超える大幅下落。FRB幹部が米景気の回復にややネガティブな発言が相次いだことに反応。債券相場は小動き。長期金利は0.67%台で推移。金は大幅に下落し、1900ドルの大台を割り込む。原油は小幅に続伸。

7月FHFA住宅価格指数   →  1.0%

ドル/円  105.09 ~ 105.50

ユーロ/ドル 1.1652 ~ 1.1704

ユーロ/円  122.76 ~ 123.02

NYダウ  -525.05 → 26,763.13ドル

GOLD  -39.20 →  1,868.40ドル

WTI +0.13 →  39.93ドル
 
米10年国債  +0.002 → 0.672%


本日の注目イベント

日   日銀金融政策決定会合、議事要旨(7月14日、15日分)
独   独9月ifo景況感指数
トルコ トルコ中銀、政策金利発表
欧   ECB経済報告
欧   EU臨時首脳会議(25日まで)
英   ベイリー・BOE総裁講演
米   新規失業保険申請件数
米   8月新築住宅販売件数
米   ムニューシン財務長官とパウエル議長、上院で証言
米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演
米   カプラン・ダラス連銀総裁講演
米   バーキン・リッチモンド連銀総裁講演
米   ウィリアムズ・NY連銀総裁講演
米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演


 「有事のドル買い?」昨日のNY市場ではドルがユーロやポンドに対して買われ、ドル円もその流れに引き寄せられるかのように105円50銭までドル高が進みました。ユーロドルは1.1652まで売られ、7月27日以来のユーロ安水準を付けています。

 ドル高のトリガーはNY株式市場での株価の大幅下落でした。ダウは525ドル下げ、2万7000ドルの大台を割り込み、ハイテク銘柄の多いナスダック指数は3%を超える下げとなり、こちらも1万1000ポイントの大台を割り込みました。1万2056ポイントの最高値からは11.8%下げたことになり、その最高値は今月2日に記録したばかりです。FOMCでは、米金利は2023年末まで引き上げがないことを示唆しており、株式市場を取り巻く間環に大きな変化が見られない中での下落基調です。やはりハイテク株がけん引する形で実態以上に大きく買われ過ぎた反動ということでしょうか。高値から10%を超えると「調整局面入り」とされるナスダック指数は、当面上値の重い展開が続く可能性がありますが、ナスダック急騰の背景には日本の個人投資家の資金も多く入っているとのデータもあるようです。改めて「上がり続ける相場はない」ということを肝に銘じたいところです。

 その株価の大幅下落につながったのがパウル議長をはじめとするFRB幹部の発言だったようです。パウエル議長は下院特別小委員会の公聴会で、金融当局が実施した支援策は国民ではなく、金融市場を助けたのではないかと議員に問い詰められ、「われわれの行動は断じて、ウォール街の痛みを和らげることが狙いではない」と答え、財政面からの支援策は「他に匹敵するものがないぐらい重要だ」とし、あらためて追加対策を求めました。またクラリダFRB副議長も、現在ゼロ付近にある政策金利について、「2%のインフレ率が実際に少なくとも数カ月続き、さらに完全雇用を達成するまで金融当局は利上げを検討することはない」としながらも、景気については、「経済は力強く回復しているが、なお深い穴の中にある」とし、「長期的には 米国は持続可能な財政軌道に戻る必要があるが、過去90年で最悪という経済状況のただ中でそれを始めるべきでない」と語っています。(ブルームバーグ)FRBの議長、副議長に加え、クリーブランド連銀のメスター総裁も、これに共鳴する内容の発言を行い、シカゴ連銀のエバンス総裁は、2021年末までに失業率が5.5%に低下すると予想するが、これは大規模な財政支出を伴う景気対策が前提だと述べています。さらにボストン連銀のローゼングレン総裁は最も悲観的で、新型コロナの感染第2波と景気対策の不在が意味するのは、「景気回復の最も苦しい局面は、まだこれからだということだ」と述べています。これら一連の発言が、景気回復には時間がかかり追加の財政支援が不可欠であり、投資家が、それほど足元の景気が厳しい状にあることを再認識させるのには十分だったようです。

 昨日は株価の大幅下落の割には、安全資産である債券は買われず、やや軟調でした。また、同じく安全資産の「金」も大きく売られ、こちらは7月25日以来となる1900ドル割れまで下落しています。結局、昨日の市場全体では「ドル」が最も安全な資産と見なされ、「有事のドル買い」につながったと考えられます。

 本日は日本株の下げも昨日のように小幅では済まないと思われます。ただ、上で述べたように日本株が大きく下げても「有事のドル買い」につながるかどうかは不透明です。ドル円の予想レンジは104円90銭~105円70銭程度でしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)