ドル円は続落。FOMCでハト派的な姿勢が示されるとの観測が引き続き重しとなり、105円30銭までドル安が進む。ユーロドルは前日とほぼ同水準で推移。1.18台半ばを挟む展開で、FOMCの結果を待つ姿勢が強まる。

 株式市場は3指数とも揃って続伸したが、ダウは午後に上げ幅を縮小。ナスダックは133ポイントの大幅高。債券相場は前日に続き小動き。長期金利は0.68%前後に。金は続伸。原油もハリケーン「サリー」が湾岸に接近していることを手掛かりに1ドルを超える上昇。

9月NY連銀製造業景況指数 → 17.0
8月輸入物価指数      → 0.9%
8月鉱工業生産       → 0.4%
8月設備稼働率       → 71.4%

ドル/円   105.30 ~ 105.54
ユーロ/ドル 1.1839 ~ 1.1896
ユーロ/円  124.75 ~ 125.50
NYダウ   +2.27  → 27,995.60ドル
GOLD   +2.50  → 1,966.20ドル
WTI    +1.02  → 38.28ドル
米10年国債 +0.007 → 0.679%

【本日の注目イベント】

日  8月貿易収支
欧  ユーロ圏7月貿易収支
欧  欧州委員長、施政方針演説
欧  OECD経済見通しの中間報告
英  英8月消費者物価指数
米  8月小売売上高
米  9月NAHB住宅市場指数
米  FOMC 政策金利発表
米  パウエル議長記者会見

 ドル円は緩やかに続落し、105円30銭までドル安が進んでいます。明日朝方発表のFOMCでハト派的な姿勢を強めるとの観測が根強く、ドル売りにつながった模様です。また発表される金利・景気見通しについても、低金利の長期化を正当化する見方になるといった観測もあります。105円50銭を明確に割り込んだドル円は次に重要な節目である「105円前後」を試しに行く可能性が高いと見ていますが、FOMC終了後には「材料出尽くし」で反発することもないとは言えません。この点には注意が必要ですが、それでも、ドルの戻りは「106円前後がいっぱい、いっぱい」と予想しています。現在は2023年ごろまでゼロ金利政策が継続されると見られていますが、これが「2024年ごろまで」といった見方が台頭するようだと、節目の105円前後を突破することもあるかもしれません。政策発表は明日の朝方3時に行われる予定です。

 米国務省による中国ファーウェイに対する半導体輸出規制が昨日、15日から発効されました。この規制により国内の半導体メーカーにもその影響が及び、今朝の経済紙はその規模が「1兆円」にも達すると報じています。米国の中国に対する制裁の一環ですが、これにより、「多国間貿易が自由にできる時代は終わり、米中2つの国家が設ける規制とルールの中でビジネスをする」(日経新聞)ことになり、グローバル企業にとって、地政学的リスクがますます意識される時代になりそうです。一方でWTOは、2018年に米国が中国製品を対象に課した関税は国際ルールに違反しているとの判断を下しました。トランプ政権が対中貿易戦争のよりどころとしてきた主張を退けた格好になりましたが、米通商代表部(USTR)はこの判断を批判し、中国との貿易合意の第1段に影響しないと言明しています。中国商務省は今回の判断を高く評価しています。また、この判断に対して米政府は上訴が可能だとブルームバーグは伝えています。

 菅自民党総裁は今日の午後開かれる臨時国会で首相に選ばれる予定です。既に閣僚の名前も挙がっており、それを見る限り「個人的には高揚も期待」もありませんが、規制改革の一つとして挙げられている携帯電話料金の引き下げは歓迎されているようです。首相就任演説での新たな政策に期待をしていますが、どうでしょう。為替にはほとんど影響はないと見られます。本日のドル円は上述のように、105円前後が維持されるかどうかがポイントになります。

 予想レンジは104円80銭~105円80銭程度といったところでしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)