ドル円は続落。FOMCでハト派的な姿勢が示されるとの観測が引き続き重しとなり、105円30銭までドル安が進む。ユーロドルは前日とほぼ同水準で推移。1.18台半ばを挟む展開で、FOMCの結果を待つ姿勢が強まる。

 株式市場は3指数とも揃って続伸したが、ダウは午後に上げ幅を縮小。ナスダックは133ポイントの大幅高。債券相場は前日に続き小動き。長期金利は0.68%前後に。金は続伸。原油もハリケ・・・・

続きを読む