ドル円は下落し、2週間ぶりに105円55銭を付ける。本日から始まるFOMCでハト派的な姿勢が示されるとの見方からドル売りが優勢に。ユーロドルはやや上昇し、1.1888までユーロ高が進む。株式市場は3指数とも揃って大幅に上昇。大型のM&Aが好感され、新型コロナに対するワクチン開発進展の動きも株価の上昇を後押し。ナスダックは203ポイント上昇し、1万1000ポイント台を回復。債券はほぼ横ばい。長期金利は0.67%台で推移。金は反発し、原油価格はほぼ変わらず。

ドル/円  105.55 ~ 106.01
ユーロ/ドル 1.1860 ~ 1.1888
ユーロ/円  125.28 ~ 125.89
NYダウ  +327.69 → 27,993.33ドル
GOLD  +15.80 →  1,963.70ドル
WTI -0.07 →   37.26ドル 
米10年国債  +0.007 → 0.672%

【本日の注目イベント】

豪   RBA議事録
中   中国8月小売売上高
中   中国8月鉱工業生産
独   独9月ZEW景気期待指数
欧   国際エネルギー機関(IEA)月報
英   英8月失業率
米   9月NY連銀製造業景況指数
米      8月輸入物価指数
米   8月鉱工業生産
米   8月設備稼働率
米   第75回国連総会(NY、30日まで)
米     企業決算 → アドビ、フェデックス

 106円台前半で推移していたドル円は2週間ぶりに105円55銭まで売れられています。特に目立ったドル売り材料が出たわけでもなく、本日から始まるFOMCで、よりハト派的な姿勢が示されるのではないかとの観測が強まり、ドルが主要通貨に対して下落しています。昨日のこの欄でも触れたように、105円ミドルから106円ミドルの狭いレンジの中、どちらを抜け切るのかが焦点でしたが、市場予想通りFOMCで現在の「ゼロ金利政策」がより長期にわたって維持されるといったメッセージが発せられるようだと、ドル円は緩やかに下落していく可能性が高いとみられます。


 EUは14日、中国首脳とテレビ会議を開き、その中で香港情勢などに懸念を示し、中国に対する圧力を強める姿勢を示しました。会合には中国からは習近平主席も出席し、EU側からはミシェルEU大統領、フォンデアライエン欧州委員長、さらに議長国ドイツのメルケル首相も出席しました。習近平主席は「中国とEUは戦略的パートナー関係をぶれずに安定的に発展させるべきだ」と述べ、対米関係が悪化している中、EUとの良好な関係を維持したい考えをにじませています。フォンデアライエン欧州委員長は会談後、「投資協定を結ぶ価値があると、中国はEUを納得させなければならない」とし、「中国の行動を求めている」と述べています。EUは中国との経済的結びつきが強く、ドイツは主要輸出の半分以上が中国向けといった現状ですが、米国が中国包囲網を強めている中、EUも徐々に中国関係の修正をせまられているようです。

 菅氏は昨日の自民党総裁選で圧勝し、新総裁に決まりました。結果については予想された通りで、驚きはありませんが、16日の首班指名を経て新しい首相に就任します。新型コロナウイルスが拡大する中でも、経済活動を維持し発展させなければならないという、難しい課題に立ち向かうことになります。これまでの発言では、規制改革に本腰を入れていくという以外に、これといった目立った政策はありませんが、首相就任演説では「目玉の政策」を打ち出すのかもしれません。菅氏は、全体的にみれば「無難」な政策運営を行っていくと見られ、個人的には「可もなく不可もなく」といった印象です。いいかどうかは別にして、今回敗れた石破氏のような個性は感じられないといったところです。「外交が苦手」といった前評判を払拭するのに懸命でしたが、安倍首相のような「外交三昧」は少なくともないのでしょう。これで仮にバイデン氏が米大統領選挙で勝利すれば、「シンゾウ・ドナルド」に変わる、新たな「ヨッシー・ジョー」が生まれるかもしれません。

 ドル円は、これまで何度も予想し、ここでも述べていたように、再び105円台半ばまで売られ、やや下値を試す展開に傾いたように思えます。105円50銭と、その下方の105円前後が重要な節目であることは変わりがありませんが、FOMCを前に動き出したところに、これまでとは何か異なるような気もします。もっとも、今後さらにドル安が進むとしても緩やかなものになりそうです。菅氏も、為替については円高を避けたいとの考えを持っているようです。

 本日のドル円は105円20銭~106円10銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)