ドル円は106円台前半で小動き。値幅も20銭に届かず、今週行われるFOMCの結果を見たいとする雰囲気に。ユーロドルも小動き1.1858までユーロ高が進み、ドルが軟調な展開に。株式市場はまちまち。ダウは131ドル上昇したが、ナスダックはハイテク株が軟調となり、66ポイント安。債券は買われ、長期金利は0.66%台に低下。金は反落し、原油はほぼ横ばい。

ドル/円  106.06 ~ 106.22
ユーロ/ドル 1.1826 ~ 1.1858
ユーロ/円  125.48 ~ 125.87
NYダウ  +131.06 → 27,665.64ドル
GOLD  -16.40 →  1,947.90ドル
WTI +0.03 →   37.33ドル
米10年国債  -0.011 → 0.666%


【本日の注目イベント】

日   7月鉱工業生産(確定値)
日   自民党総裁選、投開票
欧   ユーロ圏7月鉱工業生産
欧   OPEC月報

 米株式市場は引続きハイテク株の動きが大きく、荒っぽい展開が続いていますが、為替市場では材料不足から値幅の出ない、静かな動きになっています。先週末のNYは特に動きがなく、今週16日(水)のFOMCを見極めたいとする雰囲気が強く、ドル円は16銭程度の値幅に留まっています。一方、一時は1.20台を達成し、その後は利益確定の売りや、ECB高官によるユーロ高をけん制する発言に、1.17台半ばまで売られたユーロドルは1.18台半ばまで反発してきました。しかし、ラガルドECB総裁など、ECBからはユーロ高を懸念する発言が出やすく、再び1.2台に乗せて来るのかは微妙は状況です。

 ユーロドルはここ1カ月ほど、1.17台半ばがサポートとして機能しており、下値が底堅いのも事実で、景気回復に伴うユーロ高が期待できるものの、こちらもなかなか読みにくい展開になっています。ラガルド総裁は13日、「物価安定の目標達成において、今も将来も油断は許されない」と、アラブ諸国の中銀総裁や金融当局との会合で述べ、「最近のユーロ相場上昇で金融政策のインフレ押し上げ効果が一部相殺された」と指摘し、必要とあれば政策手段の全てを調整する用意がECBにはあると表明しました。ドイツを中心に景気回復基調が鮮明になってきたユーロ圏の景気にとって、ユー
ロ高がさらに進むと、自動車産業など輸出企業にとっては「逆風」となるばかりではなく、ユーロ高は輸入物価を押し下げ、ECBの目標である「インフレ率2%」という物価目標の達成にも「逆風」になります。もっとも、このところのユーロ高は、ユーロ圏の景気回復基調というファンダメンタルズの改善だけによるものではなく、ドル安の影響による側面も無視できません。米国の金融緩和の長期化により、為替市場では「ドルの先安感」が拭いきれず、投機筋を中心に「ドル売り・ユーロ買い」の動きが活発になっていました。ドル円で思ったほど円高が進まないのも、こうした動きの影響もあります。

 自民党は本日午後に両院議員総会を開き、総裁選の投開票を行います。地方票でもトップを走っている菅氏の総裁就任はまちがいないと思われ、本日午後3時半ごろには投票結果が判明し、新総裁は夕方以降に記者会見するようです。16日には「首班指名」が行われ新しい首相が決まりますが、焦点は閣僚人事かと思います。代わりばえしないような結果なら、新政権への期待もしぼみ、一向に収まらない新型コロナウイルスと相まって、景気回復への希望も盛り上がらないことになりそうです。菅氏は昨日のNHKの番組で、「役所の縦割り、既得権益、悪しき前例主義を打破し、規制改革を進める」と述べています。

 米ファイザー製薬のブーラCEOは、米国ではワクチンが年内に一般向けに配備される「可能性が高い」と発言し、そのシナリオに備えて準備しているようです。新型コロナを巡る見通しに楽観的な見方が戻ってきたと、ブルームバーグは報じています。本日のドル円は大きな動きはないと予想されます。

 105円80銭~106円50銭程度といったところでしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)