(決算速報)
 ネオジャパン <3921> は9月10日の取引時間終了後に21年1月期第2四半期累計の連結業績を発表した。売上が概ね計画水準となり、利益が計画を上回ったため、通期の利益予想を上方修正した。さらに再上振れ余地がありそうだ。株価は上場来高値圏だけに、目先的には好材料出尽くしとする動きが優勢になる可能性もあるが、調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
 
■21年1月期2Q累計順調で通期利益を上方修正、さらに再上振れ余地
 
 21年1月期第2四半期累計の連結業績は、売上高が26億21百万円、営業利益が5億69百万円で、経常利益が5億85百万円、純利益が3億97百万円だった。
 
 20年1月期第3四半期から連結決算に移行しているため前年同期との比較はできないが、売上高は概ね計画水準で、営業利益は計画を上回った。新型コロナウイルスによる営業活動制約などの影響を受けたが、販促イベントや広告宣伝活動に関連する予算が未消化となった。
 
 通期連結業績予想は、売上高を据え置き、各利益を上方修正して、売上高が20年1月期比42.4%増の53億31百万円、営業利益が0.1%増の7億円、経常利益が0.4%増の7億20百万円、純利益が1.0%増の5億円とした。人材確保・育成や海外展開などの先行投資負担で大幅減益としていた期初時点の予想から、一転して微増益予想とした。
 
 修正後の通期予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が49.2%、営業利益が81.3%である。テレワーク化の流れも追い風として、通期予想に再上振れ余地がありそうだ。収益拡大を期待したい。
 
■株価は目先的には好材料出尽くしの可能性だが、調整交えながら上値試す
 
 株価は上場来高値圏だけに、目先的には好材料出尽くしとする動きが優勢になる可能性もあるが、調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。9月10日の終値は2831円、時価総額は約421億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)