ロンドン市場では軟調に始まったドル円が緩やかに上昇。106円33銭近辺までドルが買い戻されたものの、NY市場が休場だったため、その後は動かず。ユーロドルも緩やかに下落。1.1811まで売られたが、動意に欠けた。

ドル/円  106.13 ~ 106.33

ユーロ/ドル 1.1811 ~ 1.1849

ユーロ/円  125.51 ~ 125.78

NYダウ  ------ → 28,133.31ドル

GOLD  ------ →  1,934.30ドル

WTI ------ →   39.77ドル
 
米10年国債  ------ → 0.718%


本日の注目イベント

豪 8月NAB企業景況感指数
日 7月貿易収支
日 7月国際収支
日 4-6月GDP(改定値)
日 8月景気ウオッチャー調査
独 7月貿易収支
欧 ユーロ圏4-6月期GDP(確定値)
米 7月消費者信用残高

 NY市場が「レーバーデー」で休場のため、為替市場は小動き。ポジション調整に終わった感があります。ドル円は昨日の東京時間では、上値が重くジリジリと売られる展開でしたが、欧州市場が開く夕方5時ごろからはドルが緩やかに買われ、106円33銭まで上昇しています。また、ユーロドルも同じような動きを見せ、全体としてドルがやや強含む展開でした。

 トランプ大統領は7日、米国と中国との経済関係を制限する意向だと述べました。会見では、「デカップリングであろうと、すでに行っているような大規模関税の導入であろうと、われわれは中国への依存を終わらせるつもりだ」と明言しました。また「われわれは重要な製造品を米国内で生産し、米国に雇用を戻す」とし、「米国を捨てて中国などで雇用を創出する企業には関税を課す」とも述べています。これは大統領選を前に、バイデン氏との政策の違いをアピールしたものと受け止められますが、仮に再選を果たせば、2期目に取り組む課題の一部であることを示唆したものとも思われます。トランプ氏はバイデン氏のことを「中国に言いなりになる人物だ」と批判しました。(ブルームバーグ)

 米大統領選は残すところあと2カ月を切っており、縮小傾向にあったトランプ氏とバイデン氏の支持率の差が、直近では再び拡大してきたとの調査もあります。世論調査を手がける「ファイブサーティエイト」の7日時点の選挙予想モデルによれば、11月の米大統領選で民主党候補のバイデン氏が勝利する確率は71.1%となっており、選挙人538人のうち334人を獲得して勝利すると予想されています。また、トランプ氏が再選を果たす確率は28.4%だそうです。今月末ごろには第1回の「大統領候補テレビ討論会」が行われる予定です。直接会うのはこれが初めてのこととなり、激論が交わされる模様ですが、具体的な政策となると、現役有利と言われており、バイデン氏がどこまでトランプ氏との違いをアピールできるのか注目されます。特に対中国政策では、バイデン氏側には不透明な部分も多く、強硬策を掲げているトランプ氏がこの点をさらにアピールするようだと、バイデン氏が「弱腰」と見られ、不利になることも予想されます。為替市場も株式市場も今後さらに両候補の発言に反応し、ボラティリティも高まって来ると思われます。

 本日のドル円は3連休明けのNY市場が「主戦場」でしょう。焦点はNY株式市場の動向です。引き続き、「調整局面」が続くのか、あるいは「元の鞘」に戻って、上昇傾向を維持できるのかが注目されます。もっとも、今日1日で見極めがつくものでもなく、今週を通じての動きが重要になってきます。昨日の欧州株式市場は、英FT,独DAX,仏CACは共に上昇しており、特に英独では2%を超える上昇で引けています。本日のドル円は105円90銭~106円70銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)