(決算速報)
 アスカネット <2438> (東マ)は9月7日の取引時間終了後に21年4月期第1四半期業績を発表した。新型コロナウイルス影響で2桁減収・営業赤字だった。通期予想は据え置いた。下期の緩やかな需要回復を期待したい。株価は目先的には売り優勢になりそうだが、空中結像ASKA3Dプレートに対する期待感も強い。下値は限定的だろう。
 
■21年4月期1Qは新型コロナ影響だが通期据え置き
 
 21年4月期第1四半期の業績(非連結)は、売上高が前年同期比18.3%減の12億59百万円で、営業利益が40百万円の赤字(前年同期は1億55百万円の黒字)、経常利益が0百万円(同1億55百万円の黒字)、純利益が1百万円の赤字(同1億09百万円の黒字)だった。
 
 新型コロナウイルス感染症拡大で、遺影写真デジタル加工のメモリアルデザインサービス事業は葬儀の小型化、オリジナル写真集をネットで受注・製作するパーソナルパブリッシングサービス事業は結婚式の延期の影響を受けた。空中結像ASKA3Dプレートのエアリアルイメージング事業は樹脂製の販売増加で増収だった。
 
 通期予想は据え置いて、売上高が20年4月期比3.2%減の63億68百万円、営業利益が38.5%減の4億36百万円、経常利益が33.7%減の4億71百万円、純利益が35.2%減の3億25百万円としている。
 
 期初時点で、上期は需要面で新型コロナウイルスの影響を受け、人件費、研究開発費、広告宣伝費の増加も影響して通期減収減益予想としている。下期の緩やかな需要回復を期待したい。またASKA3Dプレートの初の中規模ロット案件の受注も期待したい。
 
■株価は下値限定的
 
 株価は目先的には第1四半期業績を嫌気する売りが優勢になりそうだが、非接触ニーズで注目されている空中結像ASKA3Dプレートに対する期待感も強い。下値は限定的だろう。9月7日の終値は1291円、時価総額は約225億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)