(決算速報)
 ラクーンホールディングス <3031> は、9月3日の取引時間終了後に21年4月期第1四半期の連結業績を発表した。新型コロナウイルスを契機とする企業間取引の構造的変化を追い風に大幅増収増益だった。そして通期連結業績予想を大幅上方修正し、配当も大幅増配予想とした。株価は高値圏で堅調だ。上方修正・増配予想を好感して上値を試す展開となりそうだ。
 
■21年4月期1Q大幅増収増益で通期予想を大幅上方修正
 
 21年4月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比32.5%増の10億84百万円、EBITDAが80.6%増の3億82百万円、営業利益が96.1%増の3億44百万円、経常利益が91.1%増の3億34百万円、純利益が97.6%増の2億20百万円だった。
 
 大幅増収増益だった。新型コロナウイルスを契機とする企業間取引の構造的変化を追い風として、EC事業(51.2%増収で78.6%増益)でスーパーデリバリー流通額が大幅に増加した。フィナンシャル事業(12.8%増収で61.9%増益)も、コロナ禍でリスクに備えるための企業が増加して保証サービスが拡大した。
 
 通期の連結業績予想は大幅に上方修正して、売上高が44億50百万円~46億円(20年4月期比28.0%増~32.3%増)、EBITDAが13億30百万円~14億10百万円(同56.7%増~66.2%増)、営業利益が11億80百万円~12億70百万円(同67.1%増~79.9%増)、経常利益が11億60百万円~12億50百万円(同63.7%増~76.4%増)、純利益が7億40百万円~8億円(64.0%増~77.3%増)とした。収益拡大基調だろう。
 
 なお未定としていた配当予想は9円50銭増配の16円(第2四半期末8円、期末8円)とした。
 
■株価は上値試す
 
 株価は上場時の06年以来の高値圏で堅調だ。上方修正・増配予想を好感して上値を試す展開となりそうだ。9月3日の終値は1300円、時価総額は約274億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)