ドル円は前日とほぼ同じ水準で推移。良好な経済指標にドルが買われ106円15銭まで上昇したものの、米金利の低下に上値が抑えられる。ユーロドルは続伸し、2018年5月以来となる1.2台に乗せる。1.2014まで上昇した後、達成感とECB高官の発言から反落。

 株式市場は反発。ダウは215ドル上昇し、ナスダックとS&P500は最高値を更新。債券は続伸。長期金利は0.66%台へと低下。FRB理事・・・・

続きを読む