カジュアルブランド「ユニクロ(UNIQLO)」は、ハノイ市内で新たに2店舗を開業すべく準備を進めている。新店舗は、2020年秋冬期に開業を予定しており、年末に高まる消費需要をとらえたい考えだ。

  24日の発表によると、新店舗はバーディン区の商業施設「ビンコムセンター・メトロポリス(Vincom Center Metropolis)とロンビエン区の商業施設「イオンモール・ロンビエン(Aeon Mall Long Bien)」に入居する見通し。

  新店舗はいずれも面積約2000m2で、ユニクロが提唱する高品質で付加価値の高い日常着「ライフフェア(Lifewear)」の各アイテムを販売する。

  これに先立ち、ユニクロは今年3月、ドンダー区の商業施設「ビンコムセンター・ファムゴックタック(Vincom Center Pham Ngoc Thach)にハノイ市1号店をオープン。ホーチミン市では、既に3店舗が営業しているため、ベトナム国内のユニクロ店舗は新店舗を合わせると計6店舗に増加する。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)