(決算速報)
 ディ・アイ・システム <4421> (JQ)は8月14日の取引時間終了後に20年9月期第3四半期累計の連結業績を発表した。第2四半期までの順調な推移で大幅増収増益だった。しかし第3四半期から新型コロナウイルス影響を受けたため、通期予想を下方修正した。従来予想に対して減益幅が拡大する見込みだ。21年9月期の収益拡大を期待したい。株価は目先的には売り優勢となりそうだが、戻り一服の形だっただけに下値限定的だろう。
 
■20年9月期3Q累計増益だが通期予想を下方修正
 
 20年9月期第3四半期累計連結業績は、売上高が前年同期比19.0%増の32億77百万円、営業利益が17.3%増の1億46百万円、経常利益が36.9%増の1億48百万円、純利益が44.8%増の96百万円だった。
 
 通期連結業績予想は下方修正して、売上高が19年9月期比10.7%増の42億70百万円、営業利益が63.7%減の85百万円、経常利益が57.1%減の94百万円、純利益が61.0%減の60百万円とした。
 
 第2四半期までの順調な推移で第3四半期累計ベースは大幅増収増益だったが、第3四半期から新型コロナウイルス影響で開発案件の先送りや、常駐案件における一部顧客先のプロジェクト撤退によるエンジニア稼働率低下などが生じた。このため通期予想を下方修正した。先行投資で減益予想としていた従来予想に対して減益幅が拡大する見込みだ。21年9月期の収益拡大を期待したい。
 
■株価は下値限定的
 
 株価は目先的には売り優勢となりそうだが、戻り一服の形だっただけに下値限定的だろう。8月14日の終値は1737円、時価総額は約26億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)