コロナショックから力強く回復した米国株式に比べ、国内株式の動きは鈍い。しかし、その中にあっても投資する株式を厳選することで米国株投資に見劣りすることのないパフォーマンスを獲得することも可能だ。過去16年間で基準価額が約3.6倍、年平均8%の上昇を実現した明治安田アセットマネジメントの「グローイング・カバーズ」の優れた運用力について、同社専務執行役員の中谷友行氏(写真:左)と、モーニングスター代表取締役社長の・・・・

続きを読む