(決算速報)
 エフティグループ <2763> (JQ)は8月13日の取引時間中に21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。小売電力サービスが大幅伸長したが、新型コロナウイルス影響の影響や前年の特殊要因の反動などで大幅減益だった。通期予想は据え置いて小幅減益予想としている。株価は大幅減益を嫌気する動きとなったが、第1四半期の営業利益進捗率は順調である。目先的な売り一巡して反発を期待したい。
 
■21年3月期1Q大幅減益、通期小幅減益予想据え置き
 
 21年3月期第1四半期連結業績(IFRS)は売上収益が前年同期比11.4%減の104億01百万円、営業利益が24.0%減の16億77百万円、親会社所有者帰属四半期利益が44.3%減の7億13百万円だった。
 
 小売電力サービスが大幅伸長したが、新型コロナウイルス影響による蓄電池販売の減少、前年の特殊要因(IFRS導入時の売上収益認識変更、海外法人譲渡益計上)の反動などで大幅減収減益だった。
 
 通期予想は据え置いて、売上収益が20年3月期比6.8%増の490億円、営業利益が4.1%減の60億円、親会社所有者帰属当期利益が2.5%減の38億円としている。新型コロナウイルスに伴う不透明感を考慮して小幅減益予想としている。子会社アレクソンの株式譲渡に伴う影響については精査中としている。
 
■株価は目先的な売り一巡
 
 株価は第1四半期大幅減益を嫌気する動きとなった。ただし第1四半期の営業利益進捗率は28%と順調だった。目先的な売り一巡して反発を期待したい。8月13日の終値は1343円、時価総額は約447億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)