(決算速報)
 ハウスドゥ <3457> は8月12日の取引時間終了後に20年6月期連結業績を発表した。消費増税や新型コロナウイルスの影響で大幅減益だった。21年6月期は新型コロナウイルス影響が徐々に縮減すると想定し、各種取り組み効果で大幅増益予想(レンジ予想)としている。株価は大幅増益予想を好感する動きとなりそうだ。
 
■20年6月期大幅減益だが21年6月期大幅増益予想
 
 20年6月期の連結業績(7月29日に大幅下方修正)は、売上高が19年6月期比4.2%増の328億78百万円、営業利益が40.0%減の18億93百万円、経常利益が42.8%減の17億16百万円、純利益が48.6%減の10億30百万円だった。
 
 増益予想から一転して大幅減益で着地した。ハウス・リースバック事業や金融事業は順調だったが、不動産売買事業などが消費増税や新型コロナウイルスの影響を受けた。コスト面では成長強化事業への投資で人件費や広告宣伝費が増加した。配当(8月12日に下方修正)は18減配の19円(期末一括)とした。
 
 21年6月期の連結業績予想はレンジ予想とした。売上高が339億76百万円~375億32百万円(20年6月期比3.3%増~14.2%増)、営業利益が27億13百万円~35億12百万円(43.3%増~85.5%増)、経常利益が25億円~33億円(45.7%増~92.2%増)、純利益が16億50百万円~21億78百万円(60.1%増~111.3%増)としている。
 
 新型コロナウイルス影響が徐々に縮減すると想定し、各種取り組み効果で大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。なお配当予想は未定としている。
 
■株価は戻り試す
 
 株価は20年6月期下方修正に対するネガティブ反応が限定的だっただけに、21年6月期大幅増益予想を好感する動きとなりそうだ。戻りを試す展開を期待したい。8月12日の終値は836円、時価総額は約163億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)