(決算速報)
 松田産業 <7456> は8月7日の取引時間終了後に21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。相場上昇の貴金属関連事業が牽引して増収増益だった。未定としていた通期予想を開示して減収減益予想としたが保守的だろう。上振れを期待したい。株価は急伸して年初来高値更新の展開だっただけに、目先的には通期減収減益予想を嫌気する形となりそうだが、押し目狙いの好機だろう。
 
■21年3月期1Qは増収増益、通期は減収減益予想
 
 21年3月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比7.6%増の535億40百万円で、営業利益が2.8%増の16億34百万円、経常利益が3.9%増の16億84百万円、純利益が2.3%増の11億24百万円だった。食品関連事業は低調だったが、相場上昇の貴金属関連事業が牽引した。
 
 未定としていた通期連結業績予想を開示し、売上高が20年3月期比2.4%減の2060億円、営業利益が11.9%減の55億円、経常利益が10.7%減の57億円、純利益が5.1%減の38億40百万円とした。
 
 新型コロナウイルスの影響が下期も残ることを想定して通期減収減益予想とした。ただし保守的だろう。上振れを期待したい。
 
■株価は売り優勢になれば押し目狙いの好機
 
 株価は急伸して年初来高値更新の展開だっただけに、目先的には通期減収減益予想を嫌気する形となりそうだが、売り優勢になれば押し目狙いの好機だろう。8月7日の終値は1725円、時価総額は約499億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)