(決算速報)
 星光PMC <4963> は、8月7日の取引時間終了後に20年12月期第2四半期累計の連結業績を発表した。新型コロナウイルスによる経済収縮の影響で減収減益だった。そして通期予想を下方修正した。21年12月期の回復を期待したい。株価は新型コロナウイルスの影響をある程度織り込み済みと考えられる。目先的には売り優勢となりそうだが、下値は限定的だろう。
 
■20年12月期2Q累計は新型コロナ影響で減収減益、通期予想を下方修正
 
 20年12月期第2四半期累計の連結業績は、新型コロナウイルスによる経済収縮の影響を受けて、売上高が前年同期比7.3%減の125億44百万円、営業利益が21.0%減の9億70百万円、経常利益が22.2%減の9億83百万円、純利益が31.2%減の6億19百万円だった。化成品が輸出増加で好調だったが、製紙用薬品、樹脂が低調だった。
 
 通期予想を下方修正し、売上高が20年12月期比10.6%減の250億10百万円、営業利益が34.8%減の18億20百万円、経常利益が34.9%減の18億50百万円、純利益が39.8%減の11億80百万円とした。
 
 第3四半期以降の緩やかな需要回復を想定するが、第2四半期累計の業績を鑑みて通期予想を下方修正した。21年12月期の収益回復を期待したい。
 
■株価は下値限定的
 
 株価は上値を切り下げる形だ。新型コロナウイルスの影響をある程度織り込み済みと考えられる。目先的には売り優勢となりそうだが、下値は限定的だろう。8月7日の終値は672円、時価総額は約207億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)