アルコニックス <3036> は、8月6日の取引時間中に21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で減収減益だったが、各利益は第2四半期累計予想を超過達成した。下期偏重の計画だが、通期上振れ期待も高まる。株価は第1四半期の高進捗率を好感する動きとなった。戻りを試す展開を期待したい。
 
■21年3月期1Q減益だが2Q累計予想を超過達成
 
 21年3月期第1四半期連結業績は、売上高が前年同期比20.1%減の480億95百万円、営業利益が6.0%減の11億57百万円、経常利益が19.6%減の12億43百万円、純利益が38.4%減の5億55百万円だった。
 
 半導体・電子材料関連は増加したが、新型コロナウイルスの影響で自動車関連の需要が急減し、全体として減収減益だった。ただし前期計上したレアメタルの棚卸資産評価損が解消したため、商社流通-電子機能材の営業損益が大幅改善し、全体としても営業利益の減益が小幅にとどまった。そして各利益は第2四半期累計予想(営業利益11億10百万円、経常利益11億90百万円、純利益5億50百万円)を超過達成の形となった。
 
 通期予想は据え置いて、売上高が20年3月期比9.6%減の2100億円、営業利益が24.7%減の39億円、経常利益が26.2%減の40億円、そして純利益が33.7%減の24億円としている。下期偏重の計画だが、通期上振れ期待も高まる。
 
■株価は戻り試す
 
 株価は第1四半期の高進捗率を好感する動きとなった。戻りを試す展開を期待したい。8月7日の終値は1323円、時価総額は約343億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)