ゼリア新薬工業 <4559> は8月4日の取引時間終了後に21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。薬価改定や為替などの影響で減収減益だった。未定としていた通期予想は増収増益予想とした。通期ベースで収益拡大を期待したい。株価は通期増収増益予想で安心感を強める動きとなりそうだ。戻りを試す展開を期待したい。
 
■21年3月期1Q減収減益だが通期増収増益予想
 
 21年3月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比11.8%減の133億31百万円、営業利益が20.3%減の10億60百万円、経常利益が59.3%減の6億34百万円、純利益が15.0%減の9億74百万円だった。
 
 医療用医薬品事業は、主力の潰瘍性大腸炎治療剤アサコールが国内薬価改定の影響を受けた。また海外がスイスフラン高の影響を受けた。コンシューマーヘルスケア事業は、新型コロナウイルスによる外出自粛の影響などで全体として苦戦した。
 
 未定としていた通期予想を開示し、売上高が20年3月期比0.9%増の610億円、営業利益が5.0%増の43億円、経常利益が0.5%増の39億円、純利益が12.8%増の33億円とした。
 
 第2四半期累計は新型コロナウイルスの影響で減収減益見込みだが、第2四半期以降の主力製品の伸長や新薬の上市によって期後半の挽回を見込んでいる。通期ベースで収益拡大を期待したい。
 
■株価は戻り試す
 
 株価は上値を切り下げる形だったが、通期増収増益予想で安心感を強める動きとなりそうだ。戻りを試す展開を期待したい。8月4日の終値は1933円、今時価総額は約1027億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)