ミロク情報サービス <9928> は7月31日の取引時間終了後に21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。前年特需の反動や新型コロナウイルスによる営業活動制約などで減収減益だった。通期予想は据え置いた。第1四半期の営業・経常利益進捗率が順調であり、通期下振れリスクは小さいだろう。株価は安値圏だ。業績悪化懸念は織り込み済みと考えられ、下値は限定的だろう。
 
■21年3月期1Qは減収減益、通期予想据え置き
 
 21年3月期第1四半期連結業績は、売上高が前年同期比7.6%減の79億32百万円、営業利益が32.6%減の9億92百万円、経常利益が34.8%減の9億93百万円、純利益が41.9%減の5億84百万円だった。
 
 前年のWindows7サポート終了に伴うPC入れ替え特需の反動減に加えて、新型コロナウイルスの影響で、営業活動やシステム導入支援活動が一定の制約を受けた。
 
 通期予想(増収、営業・経常減益、最終増益)は据え置いた。純利益はソフトウェア評価損が一巡して増益予想である。第1四半期の進捗率は営業利益が27.7%、経常利益が27.6%と概ね順調だった。経済活動が徐々に回復に向かうことを想定すれば、通期下振れリスクは小さいだろう。
 
■株価は業績悪化懸念織り込み済み
 
 株価は軟調展開で安値圏だ。目先的には売り優勢になる可能性もあるが、業績悪化懸念は織り込み済みと考えられ、下値は限定的だろう。7月31日の終値は2122円、時価総額は約739億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)