川崎近海汽船 <9179> (東2)は7月31日の取引時間中に21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。新型コロナウイルスによる経済収縮の影響で赤字だった。また未定としていた第2四半期累計と通期の予想を開示し、いずれも赤字見込みとした。株価は売り優勢となったが、全体の地合い悪も影響したようだ。業績悪化懸念は織り込み済みと考えられ、下値は限定的だろう。

  ■21年3月期1Qは・・・・

続きを読む