インフォマート<2492>(東1)は7月31日の取引時間終了後に21年3月期第2四半期累計の連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で大幅減益となり、通期予想を下方修正した。株価は軟調展開だ。業績悪化懸念を織り込み済みと考えられる。目先的には下方修正を嫌気する売りが優勢になりそうだが、下値は限定的だろう。

■20年12月期2Q累計は大幅減益、通期予想を下方修正

 20年12月期第2四半期累計連結業績は、売上高が前年同期比2.7%増の42億07百万円、営業利益が43.7%減の7億49百万円、経常利益が43.4%減の7億47百万円、純利益が51.4%減の5億14百万円だった。

 請求書は有料契約企業数が増加して増収だが、新型コロナウイルスの影響で飲食店の食材仕入が減少し、受発注のシステム使用料が減少した。先行投資コストも影響して大幅減益だった。

 通期予想は下方修正して、売上高が19年12月期比1.5%増の86億70百万円、営業利益が54.0%減の11億35百万円、経常利益が54.9%減の11億10百万円、純利益が56.1%減の7億44百万円とした。新型コロナウイルスの影響の長期化で売上高が期初計画を下回る見込みだ。なお配当予想は据え置いた。

■株価は業績悪化懸念を織り込み済み

 株価は軟調展開だ。業績悪化懸念を織り込み済みと考えられる。目先的には下方修正を嫌気する売りが優勢になりそうだが、下値は限定的だろう。7月31日の終値は655円、時価総額は約1699億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)