トーソー <5956> (東2)は7月31日の取引時間中に、21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。売上は新型コロナウイルスの影響を受けたが、利益は原価低減効果などで黒字化した。通期上振れ期待が高まる。株価は地合い悪の売り一巡して反発を期待したい。
 
■21年3月期1Q黒字化、通期上振れ期待
 
 21年3月期第1四半期連結業績は、売上高が前年同期比5.2%減の47億80百万円、営業利益が1億55百万円の黒字(前年同期は72百万円の赤字)、経常利益が1億64百万円の黒字(同64百万円の赤字)、純利益が1億01百万円の黒字(同17百万円の赤字)だった。
 
 売上は新型コロナウイルスによる経済収縮の影響を受けたが、利益は資材ロス削減や生産工程見直しなどの原価低減効果、営業活動自粛などによる販管費抑制効果で黒字化した。
 
 通期予想は据え置いた。営業利益は20年3月期比22.3%減の7億円としている。厳しい事業環境だが、第1四半期の営業損益が大幅改善したことを勘案すれば、通期上振れ期待が高まる。
 
■株価は反発期待
 
 株価は黒字化を好感する場面があったが、その後は地合い悪の影響を受ける形となった。地合い悪の売り一巡して反発を期待したい。7月31日の終値は462円、時価総額は約46億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)