エイジア <2352> は7月31日の取引時間終了後に、21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。クラウドサービスが牽引して計画超の大幅増益だった。通期も上振れの可能性が高いだろう。株価は好感する動きとなりそうだ。
 
■21年3月期1Q大幅増益、通期減益予想据え置きだが上振れの可能性
 
 21年3月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比2.0%増の4億50百万円、EBITDAが24.3%増の1億円、営業利益が23.9%増の86百万円、経常利益が23.2%増の88百万円、純利益が29.8%増の63百万円だった。
 
 アプリケーション事業(e-CRMシステムのWEBCASシリーズ)のクラウドサービス月額費用売上が2桁伸長した。子会社が運営するECサイトも新型コロナウイルスに伴う巣ごもり需要で大幅伸長した。コンサルティング事業の人件費抑制も寄与して計画超の大幅増益だった。
 
 通期予想は据え置いた。EBITDAは20年3月期比14.1%減の4億35百万円(上期1億42百万円、下期2億93百万円で下期偏重の計画)としている。ただし上振れの可能性が高いだろう。
 
■株価は上値試す
 
 株価は6月の戻り高値圏から一旦反落したが、第1四半期の大幅増益を好感する動きとなりそうだ。上値を試す展開を期待したい。7月31日の終値は1377円、時価総額は約61億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)