グエン・スアン・フック首相はこのほど、ベトナムでの夜間経済(ナイトタイムエコノミー)発展計画を承認する決定第1129号/QD-TTgに署名した。

  計画の目的は、新たな経済発展の機会を最大限生かすため、夜間経済の潜在力を開拓して国民の所得と生活レベルを向上させることにあり、それと並行して政治と社会安全秩序の確保に対するリスクや悪影響を抑制する。

  計画は夜間経済を発展させるための主な方策として、◇夜間経済発展の利益とリスクに対する認識の向上、◇夜間経済発展とリスク抑制を目的とした政策や法的枠組みの整備、◇夜間経済活動を管理するための既存計画の活用、◇一部の都市や観光地における夜間サービス活動の試験的な時間延長などを挙げている。

  特に時間延長については、午後6時から翌日の午前6時まで一部の条件が整った場所で認めるとし、具体的な地名として、◇ハノイ市、◇東北部地方クアンニン省、◇北部紅河デルタ地方ハイフォン市、◇ホーチミン市、◇南中部沿岸地方ダナン市、◇同クアンナム省ホイアン市、◇北中部地方トゥアティエン・フエ省、◇南部メコンデルタ地方カントー市、◇南中部高原地方ラムドン省ダラット市、◇南部メコンデルタ地方キエンザン省フーコック島を列挙している。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)