ドル円は続落し、一時は105円12銭までドル安が進む。米株は反発し、長期金利も上昇したがユーロ高に引っ張られる形で円が買われた。ユーロドルは一段と上昇し、1.1781までユーロ高が進む。Ifo経済研究所が発表した7月の期待指数が「97」と、2018年後半以来の高水準だったことが材料に。株式市場は3指数とも反発。与党共和党が発表する経済対策への期待からダウは114ドル高。債券相場は続落。長期金利は0.61%台へと小幅に上昇。金は大幅に続伸し、2011年9月に記録した最高値を更新。ドルが売られたことで、一時は1941ドル台まで買われ、2000ドルを目指すとの声が優勢に。原油は小幅に続伸。

6月耐久財受注 → 7.3% 

ドル/円  105.12 ~ 105.47

ユーロ/ドル 1.1728 ~ 1.1781

ユーロ/円  123.63 ~ 123.91

NYダウ  +114.88 → 26,584.77ドル

GOLD   +33.50  → 1,931.00ドル

WTI  +0.31  → 41.60ドル

米10年国債 +0.026 → 0.615%

本日の注目イベント

米   5月ケース・シラ-住宅価格指数
米   7月消費者信頼感指数
米   7月リッチモンド連銀製造景況業指数
米   企業決算 → ファイザー、スターバックス、3M,VISA、マクドナルド

 ドル円は105円を目指す展開となり、NY市場では105円12銭まで売られました。昨日の東京時間でもドルの上値は重く、日経平均株価が朝方の300円を超える下げから徐々に下げ幅を縮小したにも拘わらず、106円前後からじり安が続きました。NY市場でも、株価は上昇し長期金利も上昇する中、ドル安が進行し、株価や金利との相関が崩れています。

 足元の為替市場ではユーロの動きが方向性を決めています。先週20日(月)のEU首脳会議で、返済不要の補助金の割合を巡り難航していた「復興基金」が合意に達し、ユーロドルは1年半ぶりに1.15台に乗せました。その前日には1.14前後を付けていたユーロドルは、「復興基金」創設を好感して上昇し、わずか1週間で380ポイント程上昇しました。やや上昇スピードが速すぎる印象はありますが、ユーロを取り巻く実態経済にも「復活」の兆しが見え、ユーロ高を後押ししています。昨日発表された7月のドイツifo企業景況感指数は「97」と、前月の「91.6」から大きく伸び、2018年後半以来となる高水準を記録しています。「不透明感は依然として残るものの、今年後半の景気回復をけん引する」といった楽観的な見方も出て来ました。ただ個人的にはここから1.2台に乗せるのは、そう簡単ではないと見ています。チャートでは昨日の上昇も、最も長い「月足」の「雲の入り口」でしっかりと抑えられました。ここからの雲は厚みも相当あり、上昇が簡単ではないことを示唆しています。また、ドイツでは新型コロナウイルスの感染拡大が再燃し、第2波に直面する可能性も出てきました。バイエルン州の農園でウイルス検査を受けた約500人の労働者のうち、170人余りが陽性であったことが判明しています。ゼーダー州首相は27日、「第2波が忍び寄っている」と警告を発し、市民に衛生と社会的距離の規則を守り続けるよう訴えています。(ブルームバーグ)

 米国への対抗措置として中国政府より閉鎖を求められた四川省成都にある米総領事館では27日、米国旗が降ろされ、米中関係の悪化を象徴する歴史的な節目になりました。多くの専門家の話では米中の「新冷戦」は今後もエスカレートし、どこまで行くのかは予想できないと語っています。トランプ政権はこれまでの中国に対する柔軟な姿勢を一転して強硬姿勢に舵を切りました。ファーウェイの排除に続き、中国政府幹部の資金凍結、中国からの留学生の実質的な締め出し、さらには今回の総領事館閉鎖と、中国に対し矢継ぎ早に制裁を強めています。中国側もこれに対し対抗措置を行っており、米中関係は「新たな段階」に入ったとする見方が支配的です。

 日本が4連休だったタイミングでドル円は107円を割り込み、昨日は105円割れを伺う展開にまでドル安が進んできました。米国では、FRBが政策金利をゼロに誘導しているため、インフレ率を考慮した「実質金利」ではマイナスが続いています。実質金利のマイナスは、現金を持っていたら目減りすることを意味します。そのため、多くの銘柄で配当利回りが2%を超える株式市場へ資金が向かうのは、当然の成り行きです。しかもうまくいけば「キャピタルゲイン」も狙える可能性があり、昨日のNYで金がついに1900ドル台まで買われたのも、その動きの一環として見ることができます。世界で最も新型コロナウイルスの感染が広がり、昨日の時点で約423万人の感染者数を出している米国の株価が上昇するのも、この辺りが要因の一つと見られます。ただここでも個人的には、米株式市場はバブルにまみれていると思われ、大きく調整するリスクがあるとする考えは捨て切れません。

 ドル円は緩やかに円高が進みそうです。今年3月のコロナ感染の急拡大に伴う乱高下を例外とすれば、ドル円は104台半ばから105円前後では何度も下げ止まっており、ドルの底値圏を形成しています。今回、この先もしばらく円高が続くとすれば、この水準を抜けるのかどうかも注目点の一つです。本日のドル円は104円80銭~105円70銭程度予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)