南中部沿岸地方ニントゥアン省人民委員会のファム・バン・ハウ副主席は22日、ハノイ市で開かれた「ベトナムハイレベルエネルギーフォーラム」で、同省を全国のエネルギー生産の中心地とするための提案を行った。

  ハウ氏は、LNG(液化天然ガス)火力発電所とLNG輸入インフラ施設の開発を主張し、深水港で25万t級のLNGタンカーが寄港できるカナ港が適しているとした。同港は、出力6000MWのガス・・・・

続きを読む