ドル円は107円台で緩やかに上昇。目立った動意のない中、107円台前半でもみ合いながら方向感が見えない展開。ユーロドルはEU首脳会議での合意が見られないものの堅調に推移し、1.1450まで上昇。株式市場はIT株を中心に上昇。ナスダックは263ポイント上昇し、今月に入って7回目となる最高値更新。債券は続伸。長期金利は0.61%台まで低下。金と原油は上昇。

ドル/円  107.04 ~ 107.33

ユーロ/ドル 1.1403 ~ 1.1450

ユーロ/円  122.25 ~ 122.80

NYダウ  +8.92 → 26,680.87ドル

GOLD   +7.40  → 1,817.40ドル

WTI  +0.22  → 40.81ドル

米10年国債 -0.016 → 0.610%


本日の注目イベント

豪 RBA、金融政策会合議事要旨公表
日 6月消費者物価指数
米 企業決算 → コカコーラ、ロッキード
加 カナダ5月小売売上高

 4日目を迎えたEU首脳会議では、新型コロナウイルスで打撃をこうむった国々を支援する総額7500億ユーロ(約92兆円)の「復興基金」創設を巡り、オランダなどが返済義務のない補助金の額で強い抵抗を見せているため、今朝の時点でも合意に至っていません。そんな中、何とか妥協点を見出そうと、ミシェル・EU大統領が20日、新提案を提示していると伝えられています。新提案は、基金の総額のうち返済が不要な補助金を3900億ユーロとし、当初案の5000億ユーロから大きく減額するとういうものです。これにより、低金利の融資金額が3600億ユーロ、補助金額が3900億ユーロとなりますが、この新提案が全ての当事者から受け入れられるかどうかは依然不明です。ブルームバーグによると、オランダは復興基金が目的通りに各国経済を向上させるプロジェクトに使われるよう保証する仕組みを求めているようですが、一方でそのような仕組みを導入すれば、資金の提供が遅れると懸念する国もあり、妥協案はこれらの主張のバランスを取ることも目指しているとしています。会議は異例ともいえる4日目に突入し、合意に至らない可能性もある中、市場では楽観的な見方が優勢となっており、ユーロドルはこの日も1.1450まで買われる場面があり、ユーロは対円でも6月8日以来、1カ月半ぶりとなる122円台後半まで上昇しています。

 米ナスダック指数は昨日2%を超える上昇を見せ、これで今月だけで7度目となる最高値更新です。ダウやS&P500と比較しても際立った上昇ぶりですが、この勢いをけん引しているのがアマゾンやマイクロソフトといったIT株です。因みに昨年末のナスダック指数は「8,733.07」ポイントで、昨日の引け値が「10,767.09」ポイントです。この間の上昇率は23.3%程になり、昨年末の水準を大きく下回っているダウと比べてもその上昇率は顕著です。3月から続く新型コロナの感染拡大に加え、米中間の緊張の高まりなどがある環境の中、驚くべき上昇率と言えます。もっとも、上昇しているのはナスダックだけではありません。金は言うに及ばす、一時史上初めてマイナスにまで沈んだWTI原油価格も上昇し、FRBによる緩和政策による部分が大きいとは言え、米国債も大幅に買われ、金利は急低下しています。結局根底にあるのは、行き場のない大量の資金が各市場で跋扈(ばっこ)しているということでしょうか。「上がり続ける相場はない」ということを、いま一度頭の片隅にでも入れおくべきでしょう。

 本日もEU首脳会議の行方を除いては、これといった材料はありません。ドル円も引きつづき107円台前半から中半ばで推移すると思われますが、予想レンジは106円90銭~107円60銭程度といったところでしょうか。ユーロドルが1.1450を超えて1.15に迫るのかどうかに注目です。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)