ドル円はこの日発表された経済指標が全て予想を下回り、コロナ感染への影響からドル売りが優勢に。一時は106円94銭まで売られたが、動意は乏しい。ユーロドルは小幅に反発。ドル売りの流れから、1.1443までユーロが買われる。

 株式市場はまちまち。ダウは続落したものの、ナスダックは反発。債券相場は小幅に反落。長期金利は0.62%台へとやや上昇。金は反発し、原油は売られる。

6月住宅着工件数             → 118.6万件
6月建設許可件数             → 124.1万件
7月ミシガン大学消費者マインド(速報値) → 73.2

ドル/円   106、94 ~ 107.28
ユーロ/ドル 1.1417 ~ 1.1443
ユーロ/円  122.14 ~ 122.57
NYダウ   -62.76 → 26,671.95ドル
GOLD   +9.70  → 1,810.00ドル
WTI    -0.16  → 40.59ドル
米10年国債 +0.010 → 0.627%

本日の注目イベント

日  6月貿易収支
日  日銀金融政策決定会合、議事要旨(6月15、16日分)
独  独6月生産者物価指数
欧  ユーロ圏5月経常収支

 注目のEU首脳会議で復興基金創設の議論が続き、会期を延長したものの、合意には至っていません。焦点は、7500億ユーロ(約91兆8000億円)の復興基金案の、返済義務のない補助金と融資の比率です。当初は、補助金5000億ユーロに対して融資2500億ユーロを示しましたが折り合わず、ミシェルEU大統領が補助金4500億ユーロと融資3000億ユーロの案を再提案した模様ですが、それでも合意に至っていません。財政に余裕のあるオランダ、オーストリア、デンマークと、スウェーデンが反対しており、財政難のスペインやイタリアを支援する側面が強いと反対しています。今朝の情報では、オランダなどが基金の総額を7000億ユーロに減額し、補助金と融資の割合いを半々にする対案を提示しているようですが、これに、ドイツやフランスが、最低でも4000億ユーロを補助金とする必要があると主張しており、今朝の時点でも依然として合意に至っていません。もっとも、ユーロドルは今朝も1.14台前半から半ばで推移しており、約4カ月ぶりのユーロ高圏です。相場水準を見る限り、市場は合意を巡っては楽観的なのかもしれません。

 米国では引き続き南部フロリダ州と西部のカリフォルニア州やアリゾナ州でのコロナ感染が広がっています。昨日米国全体では、死者数が943人増え、14万369人と、14万人を突破しています。特にフロリダ州では19日、新規感染者数が1万2478人と、5日連続で1万人を上回っており、(ジョーンズホプキンス大学調べ)同州選出の議員は「州のコロナ感染拡大は全く手に負えない状況になっている」と、ABCテレビの番組で話しているそうです。前米食品医薬品局(FDA)のゴットリーブ長官は、フロリダ、アリゾナ、カリフォルニア州が注目されているが、ジョージア、テネシー、ミズーリ、ケンタッキーの各州も今後、新たな震源地になる可能性があるとの見方を示しています。(ブルームバーグ)

 この様な状況の中、米議会共和党が新たな追加経済対策として250億ドル(約2兆6800億円)規模の予算案を検討しているようですが、これに対してトランプ政権は難色を示しているようです。この案は共和党上院トップのマコネル院内総務が今週発表する予定ですが、難色を示したトランプ大統領とホワイトハウスで話し合う予定です。今朝の報道でも、大統領選でのバイデン氏への支持率はトランプ氏を15ポイントリードしていると、ABCニュースとワシントン・ポスト紙の最新世論調査が発表されていますが、バイデン氏に支持率の差を広げられている原因の一つが、コロナ対策への遅れと言われています。トランプ氏としても、ここで挽回しておかないと、バイデン氏との差が「決定的」になる可能性があります。

 ドル円は106円台半ば~107円台半ばのレンジが固定化されてきた印象ですが、今週は上述のユーロ圏の復興基金の行方に注目です。復興基金で合意するようだと、ユーロドルが1.15を目指す可能性があります。チャートでも、多くのテクニカルがユーロ高を示唆しており、もしユーロドルが1.15台に乗せるようなら、ドル円も106円台半ばを割り込んでいる可能性があります。それでもドル円が107円近辺で推移しているようなら、ユーロ円が123円を超えていることになります。

 本日のドル円は106円70銭~107円40銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)