ティムコ <7501> (JQ)はフィッシング用品およびアウトドア用品の企画・開発・販売事業を展開している。20年11月期第2四半期累計は新型コロナウイルスによる外出自粛、店舗臨時休業・営業時間短縮の影響で赤字だった。通期予想は未定としているが、下期の売上は回復に向かうだろう。収益改善を期待したい。株価は急伸した6月の年初来高値から一旦反落したが、切り返しの動きを強めている。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
 
■フィッシング用品およびアウトドア用品の企画・販売
 
 フィッシング用品およびアウトドア用品の企画・開発・販売事業を展開している。19年11月期の事業別売上高構成比はフィッシング事業が28%、アウトドア事業が71%、その他(不動産賃貸収入など)が1%だった。
 
 基本戦略として規模の拡大よりも内容の充実に重点を置き、オリジナルアウトドア衣料ブランドである「Foxfire」の商品力強化や、直営店舗「Foxfire Store」の収益力向上に取り組んでいる。
 
 19年4月にはスノーピーク <7816> と資本業務提携し、スノーピークが第1位株主となった。商品開発・販売などを共同展開する。
 
■20年11月期予想は新型コロナウイルス影響で未定、下期回復期待
 
 20年11月期の業績(非連結)および配当予想については、新型コロナウイルスの影響で6月12日に未定に修正している。
 
 第2四半期累計は、売上高が前年同期比29.4%減の10億74百万円、営業利益が1億06百万円の赤字(前年同期は38百万円の黒字)、経常利益が1億04百万円の赤字(同41百万円の黒字)、純利益が1億57百万円の赤字(同26百万円の黒字)だった。
 
 新型コロナウイルスによる外出自粛、店舗臨時休業・営業時間短縮の影響で大幅減収(4月と5月の実績は前年比57%減収)となり、各利益は赤字だった。店舗臨時休業期間中に発生した固定費39百万円を特別損失に計上した。なおセグメント別売上はフィッシング事業が16.4%減収、アウトドア事業が36.9%減収だった。
 
 通期予想は未定としているが、下期の売上は徐々に回復に向かうだろう。下期以降の収益改善を期待したい。
 
■株主優待制度は11月末の株主対象
 
 株主優待制度は毎年11月30日現在の株主を対象として、保有株式数に応じてFoxfire Store20%OFFお買物優待券を贈呈(詳細は会社HP参照)する。
 
■株価は上値試す
 
 株価は急伸した6月の年初来高値から一旦反落したが、切り返しの動きを強めている。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。7月14日の終値は700円、前期実績PBR(前期実績のBPS1928円86銭で算出)は約0.4倍、時価総額は約23億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)