ドル円は株高とコロナ感染を巡る情報に挟まれる展開となり、107円半ばを中心に一進一退。ややドル売りが優勢となり、107円20銭まで下落。ユーロドルも1.13を挟みもみ合い。前日より水準を切り上げたものの、1.13台半ばが抜けず。株式市場は3指数とも揃って反発。ナスダックは148ポイント上昇し、最高値を更新。債券は反落。長期金利は0.66%台へと上昇。金は続伸し1820ドル台と、約9年ぶりとなる高値ね。原油は反発。

5月消費者信用残高  →  -18.28b

ドル/円  107.20 ~ 107.60

ユーロ/ドル 1.1279 ~ 1.1352

ユーロ/円  121.32~ 121.88

NYダウ  +177.10 → 26,067.28ドル

GOLD   +10.70  → 1,820.60ドル

WTI  +0.28  → 40.90ドル

米10年国債 +0.025 → 0.664%


本日の注目イベント

日 日銀、さくらリポート
中 6月消費者物価指数
中 6月生産者物価指数
独 5月貿易収支
独 5経常収支
欧 ユーロ圏財務相会合
米 新規失業保険申請件数
米 ボスティック・アトランタ連銀総裁、ウェブ会議に参加
加 6月住宅着工件数
加 6月建設許可件数


 トランプ政権は中国に対する幾つかの制裁内容を近いうちに発表すると警告していたましが、徐々にその内容が明らかになっています。中国チベット自治区への米国人の入境を妨害した中国当局者へのビザの制限や、TikTokなど中国製アプリの米国内での使用禁止の検討、さらには外国人留学ビザ発給の停止といった措置を矢継ぎ早に発表しました。チベットを巡る問題では、中国も対抗措置として、一部米国人に対するビザを制限することを発表しています。またこれと同時にポンペオ国務長官は記者会見で、「世界は中国共産党の本当の姿を目撃した。世界中の自由な人々が現実に示されているこの脅威を理解するようになると、これまで以上に強く確信する」と述べ、さらに「習近平国家主席が世界に与えた影響は、自由な人々、民主主義を愛する人々に良いものではない。世界は団結してこれに対処するだろう」と、習主席を批判しています。今回の米国の対応は異例とも言われるスピードで行われましたが、背景には、11月の大統領選で支持率でバイデン氏に後れを取っていることも影響していると言われています。

 ドル円はNYでは株高、金利高に107円60銭まで上昇する場面もありましたが、上値が重いというか、勢いがないと言うべきか、再び107円台前半まで押し戻されています。昨日はユーロドルでドル安が進んだことも影響したようですが、ユーロドルでは若干値動きが戻ってきており、ドル円にも期待したいところです。

 米国の新型コロナウイルス感染者数が300万人を超えました。この数字は世界の4分の1を占め、特にアリゾナ州とカリフォルニア州での感染者が増えているようです。トランプ大統領は学校再開に向け圧力を強め、再開しない学区には連邦補助金を見合わせる考えを示しています。ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)はこの規制と、上記外国人留学生に対する規制に反対し政府を相手に訴訟を起こしています。ハーバード大学のバカウ総長は、「学生や教員らの健康や安全に対する懸念を顧みることなく、今秋に教室で対面講義を開くよう大学側に意図的に圧力をかけていると思われる」と声明で批判しました。(ブルームバーグ)最新のデータによると、2018-19年度米国の大学に在籍した外国人留学生は約110万人で、その3分の1が中国人で、インド、韓国がそれに続くそうです。結局この規制が実施されれば、中国が最も影響を受けるようです。

 コロナウイルスの感染状況と好調な株価の動きに挟まれながらも、ドル円は方向感が出ません。特に7月に入ってからは無風状態が続き、これまでの値幅はわずか72銭程度に収まっています。上述のように、ユーロドルに動きが戻ってきた印象もあり、ドル円にも期待したいと思いますが、今は材料待ちといったところです。いつ動くかは分かりませんが、引き続き油断することなく臨みましょう。本日のドル円は107円~107円70銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)