ドル円は株高とコロナ感染を巡る情報に挟まれる展開となり、107円半ばを中心に一進一退。ややドル売りが優勢となり、107円20銭まで下落。ユーロドルも1.13を挟みもみ合い。前日より水準を切り上げたものの、1.13台半ばが抜けず。株式市場は3指数とも揃って反発。ナスダックは148ポイント上昇し、最高値を更新。債券は反落。長期金利は0.66%台へと上昇。金は続伸し1820ドル台と、約9年ぶりとなる高値ね。原油は・・・・

続きを読む